ニュース
» 2016年06月23日 15時40分 公開

EIZO、消費電力を25%削減した広視野角の19型SXGA液晶

EIZOの「FlexScan S1934-T」は、文教市場や検査装置への組み込みなどを想定した長期供給モデルの19型スクエアIPS液晶ディスプレイ。ブルーライト低減などの疲れ目対策機能を備えている。

[井上輝一,ITmedia]

 EIZOは6月23日、19型スクエア液晶ディスプレイ「FlexScan S1934-T」を発表した。2016年7月1日に発売する。価格はオープン、同社直販サイト「EIZOダイレクト」での直販価格は5万4800円(税込)だ。文教市場や検査装置への組み込みなどを中心に販売するモデルで、長期の安定供給を予定している。保証期間は5年間。

19型スクエア液晶ディスプレイ「FlexScan S1934-T」 19型スクエア液晶ディスプレイ「FlexScan S1934-T」

 FlexScan S1934-Tは、ユーザーの疲れ目軽減に配慮した19型スクエア液晶ディスプレイ。周囲の明るさを検知して適切な画面輝度に自動調整する「Auto EcoView」機能や、Auto EcoViewとの併用で画面が発するブルーライトを大幅に抑える「Paper」モードなどを搭載する。

 内部回路を見直すことで、標準消費電力を9Wと17型ディスプレイと同等まで抑えた。従来機種の「S1933-T」と比べると25%の省電力化を実現した。最大消費電力は21Wで、節電時および待機時は0.5W以下だ。

 液晶パネルはIPS方式を採用した。解像度は1280×1024ピクセル(SXGA)、表示色は約1677万色(10ビットLUT)、輝度は250cd/m2、コントラスト比は1000:1、視野角は上下/左右ともに178度、応答速度は14msだ。入力端子はDVI-D(HDCP対応)とD-Subの他、DisplayPortを新たに装備し、ステレオミニの音声入出力、0.5W+0.5Wのステレオスピーカーも内蔵する。

 スタンドは上30度のチルトが可能。100mmピッチのフリーマウント穴(VESA規格)も備えている。本体サイズは405(幅)×205(奥行き)×414(高さ)mm、重量は約4.6kgだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう