ニュース
» 2016年07月06日 14時27分 UPDATE

アイ・オー、デュアルコアCPU搭載で高速転送を実現した1ベイNAS「HDL-AA」

アイ・オー・データ機器は、1ベイ構成のスタンダードNAS「HDL-AA」シリーズを発表。実測116MB/秒の高速転送を実現したモデルだ。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は7月6日、1ベイ構成のスタンダードNAS「HDL-AA」シリーズを発表、7月下旬に出荷を開始する。価格は1TBモデルが1万9500円、2TBモデルが2万3000円、3TBモデルが3万1000円だ(いずれも税別)。

photo HDL-AAシリーズ

 ギガビット有線LAN接続に対応したスタンダードNASで、デュアルコアCPUの採用によりリード/ライトとも実測値で最大116MB/秒の高速転送を実現した。またWindows 8以降でサポートされるSMB 3.0での高速転送もサポートしている。

 NASの置き換えなどに便利な「データコピー機能」や、履歴差分バックアップ機能なども搭載。また各種クラウドストレージサービスへの対応やレプリケーション、FTP機能なども任意に利用可能となっている(DTCP-IPは2016年12月頃に対応予定)。


photo SDPX-USCシリーズ

 このほか、USB 3.1 Gen2接続対応の外付けSSD「SDPX-USC」シリーズも発表、7月下旬に販売を開始する。重量約100グラムの軽量筐体が特徴となるほか、USB Type-C接続用ケーブルも付属した。価格は240GBモデルが1万9900円、480GBモデルが3万1000円だ(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう