ニュース
» 2016年07月06日 15時49分 UPDATE

ASUS、バーチャル5.1ch再生にも対応した7型/8型/10.1型Androidタブレット「ASUS ZenPad」3シリーズ

ASUS JAPANは、同社製Androidタブレット「ASUS ZenPad」の新モデル計3シリーズを発表した。

[ITmedia]

 ASUS JAPANは7月6日、同社製Androidタブレット「ASUS ZenPad」の新モデル「ASUS ZenPad 10」「ASUS ZenPad 8.0」「ASUS ZenPad C 7.0」の計3シリーズを発表、7月8日より販売を開始する(Z380KNLのみ7月下旬以降の予定)。

photophoto
photo ASUS ZenPad 10(左上)、ASUS ZenPad 8.0(右上)、ASUS ZenPad C 7.0(下)

 3モデル共通の仕様としては、フロントスピーカーでの5.1chバーチャルサラウンドや音声明瞭化機能を利用できる「DTS-HD Premium Sound」を標準で搭載。また下位のASUS ZenPad C 7.0を除く2モデルには、ステレオイヤフォンで7.1chバーチャルサラウンドを楽しめる「DTS Headphone:X」や、周囲の明るさに応じ映像のコントラスト/明るさを自動調整できる「VisualMaster」機能も備えた。

 1280×800ピクセル表示対応10.1型液晶を備えるSUS ZenPad 10は、SIMフリー対応モデル(型番:Z300CNL)とWi-Fi対応モデル(型番:Z300M)の2タイプを用意。カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ローズゴールドの3色展開となっている。メモリは2GB、ストレージは16GBを内蔵。価格はオープン、予想実売価格はZ300CNLが3万3800円、Z300Mが2万6800円だ(税別、以下同様)。

 1280×800ピクセル表示対応8型モデルのASUS ZenPad 8.0も同様に、SIMフリー対応モデル(型番:Z380KNL)とWi-Fi対応モデル(型番:Z380M)の2タイプを用意、カラーバリエーションも同じく3色を取り揃えた。メモリは2GB、ストレージは16GBを内蔵。予想実売価格はZ380KNLが2万9800円、Z380Mが1万9800円。

 1024×600ピクセル表示対応7型モデルのASUS ZenPad C 7.0は、Wi-Fi対応モデル(Z170C)の1機種のみを用意、カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2色となる。メモリは1GB、ストレージは8GBを内蔵。予想実売価格は1万7800円だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう