ニュース
» 2016年07月07日 13時00分 UPDATE

引き出しに収納できるサイズで毎分25枚の高速読み取りが可能なドキュメントスキャナ

エプソンがスキャナの新製品6モデルを発表。

[ITmedia]

 エプソンは7月7日、シートフィードスキャナおよびフラットベッドスキャナの新製品を発表、7月28日より順次販売を開始する。

 ラインアップは、毎分35枚のスキャン速度を持つ高速モデル「DS-530」「DS-570W」、毎分25枚(片面)のスキャン速度を維持しつつコンパクトボディーを実現した「DS-310」「DS-360W」、フラットベッドタイプの「DS-1630」、高精細フォトスキャナー「DS-G20000」の6モデル。

 価格はすべてオープンで、実売予想価格は、DS-530が3万円台後半、DS-570Wが4万円台半ば、DS-310が2万円台後半、DS-360Wが3万円台後半、DS-1630が3万円台後半、DS-G20000が20万円台後半になる見込み。

DS-310。予想実売価格は2万円台後半。

フラットベッドスキャナとドッキングも可能な高機能モデル

 DS-530とDS-570Wは、大量スキャン業務用途向けドキュメントスキャナ。従来比約2倍の大径給紙ローラーの採用により、厚紙から輸送伝票のような薄紙まで幅広い用紙サイズに対応したのが特徴だ。

 また、最大6mの長尺紙スキャンも可能で、病院の心電図や店舗の売り上げ報告レシートなどの特定用途にも向く。カラー/モノクロ毎分35枚(両面70枚)のスキャンが可能なほか、破れた原稿はキャリアシートを、しわの入った紙は「低速モード」を利用することで原稿に負荷をかけずに読み取れる。

 さらにオプションの接続ユニットを利用することで、既存のフラットベッドスキャナ「GT-S650」をドッキング可能。通常はシートフィードを使いながら、冊子などを読み取りたいときは原稿台を利用するといった使い分けが可能になる。

 本体サイズは296(幅)×169(奥行き)×176(高さ)mm、重量約3.7kg。

DS-570W(写真=左)とGT-S650ドッキング時(写真=右)

性能はそのまま、引き出しへ入るサイズに本体をコンパクト化

 DS-310とDS-360Wは、従来機と同じ片面25枚の読み取り速度を維持しつつ、本体サイズは従来比で約75〜81%も縮小したコンパクトモデル。スキャンは前面給排紙のスイッチバック方式で、背面側のスペースが不要なため、さらに省スペースに活用できるのがポイント。DS-360Wはバッテリー駆動も可能なWi-Fi対応モデルで、完全コードレスで利用できる。

 本体サイズは、DS-310が288(幅)×88.5(奥行き)×51(高さ)mm、DS-360Wが288(幅)×88.5(奥行き)×67(高さ)mm。

DS-310(写真=左)とDS-360W(写真=右)

フィルムスキャンも可能な高精細フォトスキャナーなど

 DS-1630はオートフィーダーと原稿台の両方を備えた省スペーススキャナ。スキャン速度は毎分片面25枚(両面10枚)。オプションの「ネットワークインターフェイスユニット」を利用することで複数のPCから共有できる。

 一方、DS-G20000は、LED光源の採用により消費電力を約33%削減したフォトスキャナー。A3ノビ原稿に対応するほか、オプションのフィルムホルダにより、大量のフィルムを一括でスキャンできる。

DS-1630(写真=左)とDS-G20000(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう