連載
» 2016年07月15日 06時00分 UPDATE

弥生会計が「弥生」である理由とは?

[ITニャンコ隊,ITmedia]

 なぜその名前がついたのか、ITニャンコ隊がブランド名や社名の由来を調べて紹介する“由来探訪記”

 今回は会計ソフト「弥生会計」で有名な“弥生株式会社”の社名由来を紹介します。

ブランド 社名 由来 IT ITニャンコ隊が調べてきました(画像は「弥生」より)

 会計ソフトにも同じ名前が付けられている「弥生(旧暦3月のこと)」ですが、なぜこの社名になったのか、由来はご存じでしょうか?

 3月31日は、多くの企業が決算日を迎える日です。よって、会計や経理などの業務の区切りとしても大事な日なのです。

 弥生は旧暦の3月のこと。弥生会計のメインユーザーは中小企業で、決算月が3月に集中していることから「中小企業の経理を楽にしたい」という思いで命名されました。

 次回もブランド名や社名の由来を紹介するので、お楽しみに!

ブランド 社名 由来

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう