ニュース
» 2016年07月21日 14時43分 UPDATE

エプソン、“4K相当”出力に対応する3LCDホームプロジェクターなど4機種

エプソンは、3LCD方式採用ホームプロジェクター「dreamio」の新モデル計4機種を発表した。

[ITmedia]

 エプソンは7月21日、3LCD方式採用ホームプロジェクター「dreamio」シリーズのラインアップに新モデル計4機種「EH-TW8300W」「EH-TW8300」「EH-TW6700W」「EH-TW6700」を追加、8月下旬より順次販売を開始する。価格はオープン、同社直販価格はそれぞれ39万9980円/36万9980円/22万9980円/19万9980円だ(税別)。

photophoto EH-TW8300/同W(左)、EH-TW6700/同W(右)

  EH-TW8300WおよびEH-TW8300は、ともに画素を斜めに0.5画素シフトさせ実質解像度を2倍に向上できる「4K エンハンスメントテクノロジー」を採用するホームプロジェクターで、“4K相当”の映像出力に対応。HDR入力信号の表示もサポートしており、白とびや黒つぶれのない階調表現が可能となっている。

 映像処理機能として、“超解像”機能のほかディティール強調/ノイズ軽減機能などを組み合わせた「イメージ強調機能」を搭載した。ともに表示スペックは明るさ2500ルーメン、コントラスト比100万:1。またEH-TW8300Wは付属のトランスミッターによるワイヤレス接続もサポートしている。

  EH-TW6700WおよびEH-TW6700の2機種は、フルHD表示に対応したモデルで、明るさ3000ルーメン/コントラスト比7万:1を実現。上位モデル同様のイメージ強調機能も装備した。EH-TW6700Wは、上位のEH-TW8300W同様にワイヤレス接続を利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう