ニュース
» 2017年02月15日 11時19分 UPDATE

マウス、Quadro P5000/P6000を装備したエンジニアリング向けWS

マウスコンピューターは、同社製デスクトップWS「MousePro-W」シリーズのラインアップにQuadro P5000/P6000搭載のハイスペック構成モデルを追加した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは2月15日、同社製デスクトップワークステーション「MousePro-W」シリーズのラインアップにQuadro P5000/P6000搭載のハイスペック構成モデルを追加した。

 4Kノンリニア編集や3Dコンテンツ制作などの用途を想定したハイスペック構成のデスクトップWS。ラインアップは、Xeon E5-2620v4×1基/Quadro P5000搭載の「MousePro-W994SQP5S」、Xeon E5-2620v4×2基/Quadro P5000搭載の「MousePro-W994SQP5S」、Xeon E5-2620v4×2基/Quadro P6000搭載の「MousePro-W994SQP5S」の3構成を用意した。

photo MousePro-Wシリーズ

 いずれもOSはWindows 10 Pro 64bit版を導入、BTOカスタマイズにも対応する。標準構成価格はそれぞれ49万8000円/59万8000円/109万8000円だ(税別)。

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう