ニュース
» 2017年02月21日 15時37分 UPDATE

レノボ、第7世代Coreプロセッサを採用したビジネス向けデスクトップ「ThinkCentre M」新モデル

レノボ・ジャパンは、同社製ビジネス向けデスクトップPC「ThinkCentre M」シリーズの最新モデル計4機種を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは2月21日、同社製ビジネス向けデスクトップPC「ThinkCentre M」シリーズの最新モデルを発表、本日より販売を開始する。

photophoto ThinkCentre M710q Tiny(左)、ThinkCentre M910s Small(右)

 ラインアップは、VESAマウント設置にも対応した容量1l(リットル)の省スペース型モデルとなる「ThinkCentre M710q Tiny」「ThinkCentre M910q Tiny」(以下、M710q/M910q)と、本体幅約89ミリのスリム筐体を採用した「ThinkCentre M710s Small」「ThinkCentre M910s Small」(以下、M710s/M910s)の4機種をラインアップ。いずれも最新の第7世代Coreプロセッサの搭載に対応したのが特徴で、M710q/M910qはCore i7-7700Tまで、M710s/M910sはCore i7-7700までの搭載をサポートした。またいずれもモデルもM.2スロットを標準装備しており、M.2 NVMe SSDを装着することが可能だ。

 価格はM710q/M910qシリーズが10万7000円から、M710s/M910sシリーズが11万4000円から(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう