ニュース
» 2017年03月06日 11時40分 UPDATE

ワコム、「デジタルインク」をVR空間に表現できるコンセプトモデルを開発

ワコムは、普通紙に手書きした絵や文字を「デジタルインク」を化してVR空間で表現できるコンセプトモデルを開発したと発表した。

[ITmedia]
photo

 ワコムとWHITEは3月6日、普通紙に手書きした絵や文字を「デジタルインク」を化してVR空間で表現できるコンセプトモデルを開発した。

 組み立て式のスマートフォン装着型簡易VRゴーグル「MilboxTouch」(みるボックスタッチ)に投影して楽しめるコンセプトモデルで、米オースティンで開催される「South x Southwest」にて展示が行われる。

 開発されたモデルでは、同社製ペンタブレットで描いた図形が「MilboxTouch」のVR画面内に3次元画像として投影されるというもので、視点を変えてさまざまな角度から眺めることが可能になる。

photo コンセプトモデルの体験イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう