ニュース
» 2017年04月14日 11時50分 UPDATE

Synology、M.2 SSD導入もサポートした8ベイ高性能NAS「DiskStation DS1817+」など2機種

台湾Synologyは、中小規模ビジネス向けとなる高性能NAS「DiskStation DS1517+」「同 DS1817+」の発表を行った。

[ITmedia]

 台湾Synologyは4月14日、中小規模ビジネス向けとなる高性能NAS「DiskStation DS1517+」「DiskStation DS1817+」を発表、出荷を開始する。

 2製品は2.5インチ/3.5インチSATA対応ベイをそれぞれ5基/8基搭載した高性能NASで、クアッドコアCPUとなるAtom C2538(2.4GHz)を搭載。オプションの追加によりM.2 SSDの装着をサポートしているのも特徴で、別売アダプタカード(型番:M2D17)を用いることでキャッシュ用M.2 SSDを内蔵することが可能となっている。

photophoto DiskStation DS1517+(左)、DiskStation DS1817+(右)

 LANポートはギガビット対応×4を標準搭載(Link Aggregationおよびフェイルオーバー対応)。また10GbE対応カードの増設にも対応した。転送速度はRAID 5/10GbE Link Aggregation環境時でリード最大1179MB/秒以上、ライト最大523MB/秒以上を実現した。

 2製品とも、それぞれメモリ2GB搭載モデルとメモリ8GB搭載モデルを用意。予想実売価格はDS1517+ 2GBモデル/8GBモデルがそれぞれ10万1000円前後/11万10000円前後、DS1817+ 2GBモデル/8GBモデルが12万2000円前後/13万2000円前後。ほか5ベイ拡張ユニットの「DX517」が5万8000円前後、M.2 SSDアダプタの「M2D17」が1万6500円前後となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう