ニュース
» 2017年06月01日 20時55分 UPDATE

東芝から米軍MIL規格準拠の堅牢ノートPC 30分の充電で約6.5時間動作

東芝が2017年PC夏モデルを発表。MILスペックの堅牢性と約17時間駆動のバッテリーライフを備えた13.3型ノートPC「dynabook UX53/D」が登場した。

[ITmedia]

約17時間駆動の堅牢13.3型ノートPCなど4機種12モデル

 東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして、13.3型ノートPC「dynabook UX53/D」および「dynabook T」シリーズの4機種12モデルを発表、6月9日から順次発売する。

 夏モデルの目玉となるdynabook UX53/Dは、厚さ約15.9mm、重量約1090gの薄型軽量ボディーながら、MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアする堅牢性を確保。さらに約17時間のバッテリー駆動時間も実現した。また、わずか30分の充電で約6.5時間のバッテリー駆動を可能にする急速充電機能も備える。

dynabook UX53/D

マグネシウム合金製ボディーは、76cm落下テストなど米国国防総省制定の「MIL規格」に準拠したテストをクリアした堅牢性を誇る。また、キーボード下には防水フィルムによって浸水を遅らせる工夫も施されている

13.3型(1920×1080ピクセル)の高輝度・高色純度・広視野角液晶ディスプレイを採用。ノングレア(非光沢)で映り込みも軽減している

harman/kardonスピーカー内蔵

Thunderbolt 3とUSB 3.1 Gen2規格に対応したUSB Type-Cポートを2基搭載

 主なスペックはCore i5-7200U(2.5GHz/最大3.1GHz)、4GBメモリ、256GB SSD、13.3型(1920×1080ピクセル)ノングレア液晶という構成。インタフェースとしてThunderbolt 3(USB Type-C)×2、USB 3.0×1、HDMI出力を搭載し、指紋認証センサーも備える。OSはCreators Update適用済みの64bit版Windows 10 Home。なお、Web直販モデルでは、メモリやストレージ容量、タッチ対応液晶などで上位グレードの構成を選択できる。

 同時発表された15.6型(1920×1080ピクセル)ノートPC「dynabook T」シリーズは、全モデルでパネルに適した発色パラメータ値を設定し、液晶ディスプレイの色補正を行っているのが特徴。夏モデルでは視認性を高めるために出荷時のDPI値を150%に設定し、2017年春モデルと比較して文字の大きさが1.2倍になった。

dynabook Tシリーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう