ニュース
» 2017年06月20日 11時56分 UPDATE

日本HP、低コスト/高速出力が可能な業務用3Dプリンティングソリューションを発表

日本HPが3Dプリンティング事業の開始を発表、業務用3Dプリンティングソリューションの販売を行っていく。

[ITmedia]

 日本HPは6月20日、3Dプリンティング事業の開始を発表、業務用3Dプリンタ製品の販売を8月より順次開始する。

 新たに導入される独自の3Dプリント技術となる「HP Multi Jet Fusionテクノロジー」は、約30cm×40cmの造形エリアを“面”として一度に造形することで、既存の“点”で造形を行う従来方式と比べ約10倍の造形スピードを実現。また材料の積層と(溶解促進剤)の噴射、ヒーター過熱の繰り返しによる固定を行うことで、高い寸法精度と弾性、強度を備えたパーツを生産可能となっている。

 製品ラインアップは、プロトタイプの試作向きとなる「HP Jet Fusion 3D 3200 プリンティングソリューション」と、プロトタイプ試作に加え小ロットの最終製品の製造にも対応する「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」の2構成を用意した。発売時期はそれぞれ11月/8月の予定。価格はそれぞれ未定/3800万円からとなっている。

photo
photo HP Jet Fusion 3D 3200 プリンティングソリューション(上)、同 4200 プリンティングソリューション(下)

関連キーワード

HP | 3D | 業務 | プロトタイプ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう