ニュース
» 2017年08月03日 13時24分 UPDATE

ASRock、Ryzen Threadripper対応のAMD X399チップセット採用ATXマザー2製品

マスタードシードは、台湾ASRock製となるRyzen対応ATXマザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」「X399 Taichi」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 マスタードシードは8月3日、台湾ASRock製となるRyzen対応ATXマザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」「X399 Taichi」の取り扱いを発表、8月10日に販売を開始する(8月4日より予約受付開始)。予想実売価格はFatal1ty X399 Professional Gamingが6万1800円前後、X399 Taichiが4万8800円前後だ(税別)。

 ともにチップセットしてAMD X399チップセットを採用したSocket TR4対応のATXマザーボードで、ともにメモリスロットはDDR4スロット×8本(最大128GB)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×4/同 2.0 x1×1を装備した(4-way CrossFireX/4-way SLIにも対応)。Ultra M.2スロット×3(うち1スロットは無線LANモジュールが占有)/U.2スロット×1(Ultra M.2×1と排他)も搭載した。

 有線接続はギガビットLAN×2を備えるほか、Fatal1ty X399 Professional Gamingは10ギガビットLAN×1も装備。USB 3.1×2(Type-A×1/同-C×1)、IEEE 802.11ac無線LANなども利用可能だ。

photo
photo Fatal1ty X399 Professional Gaming(上)、X399 Taichi(下)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう