ニュース
» 2017年08月07日 12時39分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:対応マザーが品薄か Ryzen Threadripperの予約スタート! (1/4)

Ryzenのハイエンドモデル「Ryzen Threadripper」の予約が複数のショップで始まっている。お盆前に間に合いそうだが、対応するX399マザーの流通具合が鍵を握りそうだ。

[古田雄介,ITmedia]

「CPUはどちらもそれなりに入りそう」――Ryzen Threadripperの状況

 AMDの次世代ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の予約が先週末から始まっている。受け付けを確認できたのはTSUKUMO eX.とドスパラ パーツ館、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で、いずれも8月10日(木)22時からの深夜販売を予定している。

 ラインアップは上位の「1950X」と下位の「1920X」で、税込み価格は15万8000円前後と12万5000円前後となる。また、対応するSocket TR4とX399チップセットを搭載するマザーボードはMSIから「X399 GAMING PRO CARBON AC」が入荷予定で、こちらは同5万7000円強だ。

TSKUMO eX.の予約POP

ドスパラ パーツ館の予約POP。X399マザーの購入者にはコルセアの水冷キットが数量限定でプレゼントされる

 高価なモデルながら、予約開始日から早速注文が入るなど反応は上々なようだ。TSUKUMO eX.は「Core Xと並ぶ存在ですが、初回は比較してという以上にAMDへの熱烈な愛情と期待で買うという人もけっこう多いんじゃないかと思います」と話していた。

 入荷数に関しては、CPUは「ハイエンドモデルとしてはそれなり」(パソコン工房 秋葉原BUYMORE店)の数量が入ってくる見込み。枯渇が心配されているのはマザーボードだ。某ショップは「X399 GAMING PRO CARBON ACが争奪戦になりそうですね。他メーカーからも出てくると思いますが、お盆に間に合うかといったら厳しいかもしれません」と話していた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のPOP。金曜日の日中は深夜販売を予定していなかったが、週末に方針を切り替えた

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう