ニュース
» 2017年08月23日 13時46分 公開

キヤノンMJ、Wi-Fiワイヤレス投写もできるAndroid内蔵の薄型モバイルプロジェクター

キヤノンマーケティングジャパンは、手のひらサイズの小型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「ミニプロジェクター M-i1」を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンは8月23日、手のひらサイズの小型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「ミニプロジェクター M-i1」を発表、9月7日に販売を開始する。価格はオープン、同社直販予定価格は2万9800円前後だ(税別)。

photo ミニプロジェクター M-i1

 本体サイズ105(幅)×105(奥行き)×22(高さ)mm、重量約235gのコンパクト筐体を実現したモバイルプロジェクター。パネル有効画素数は854×480ピクセルで、明るさは70ルーメン(センター部)、コントラスト比は800:1を実現。投写サイズは最大84型だ。

 接続インタフェースはUSB 2.0を備えており、USBメモリや内蔵メモリを用いたPCレス投写に対応。Android OSを搭載しており、本体にインストールされた各種アプリケーションも利用できる。またIEEE 802.11a/b/g/n無線接続により、PCおよびスマートフォン/タブレット機器からワイヤレスで映像投写が可能だ。内蔵バッテリーでの駆動時間は最長2時間となっている。

photo 本体上側にはアプリなどを操作できるタッチパッドを備えた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう