ニュース
» 2017年08月31日 12時11分 公開

エプソン、従来比で約2倍の高耐久性を実現したA3ノビ対応のビジネス向け複合機など3製品

エプソンは、A3ノビ出力に対応したビジネスインクジェット複合機/インクジェットプリンタ計3製品の発表を行った。

[ITmedia]

 エプソンは8月31日、A3ノビ出力に対応したビジネスインクジェット複合機「PX-M5081F」「PX-M5080F」、インクジェットプリンタ「PX-S5080」の計3製品を発表、10月上旬に販売を開始する。いずれも価格はオープン、予想実売価格はPX-M5081Fが4万2980円、PX-M5080Fが3万2980円、PX-S5080が3万4980円だ(税別)。

 今回のラインアップでは、従来モデル比で約2倍となる15万ページの耐久性を実現したほか、普通紙での高画質印刷を可能とする「PrecisionCore(プレシジョンコア)プリントヘッド」を装備したのも特徴だ。インクは全色顔料インクを採用、印刷速度は3機種ともモノクロ約18ipm、カラー約10ipmを実現。ランニングコストはモノクロ2.5円/枚、カラー7.6円/枚となっている。

photo
photo PX-M5081F(上)、同-M5080F(下)

 PX-M5081F/同-M5080Fの2機種はともにA3コピー/スキャン/印刷およびファクス機能を備えた複合機モデルで、PX-M5081Fはカセット2段、同-M5080Fはカセット1段を標準で搭載。ともに4.3型カラータッチパネルを内蔵しており、より直感的な印刷操作を行うことが可能となった。

photo PX-S5080

 PX-S5080はプリントのみの単機能モデルで、カセットは2段を装備。印刷機能についてはPX-M5081F/同-M5080Fに準じている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう