ニュース
» 2017年08月31日 16時41分 公開

ロジクール、Adobe CCなどで使えるジョグつまみを備えたワイヤレスキーボード「KX1000s」

ロジクールは、10種以上のアプリケーションに対応するジョグつまみを装備したワイヤレスキーボード「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」を発表した。

[ITmedia]

 ロジクールは8月31日、ボリューム入力デバイス“CROWN”を備えたワイヤレスキーボード「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」を発表、9月15日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万3750円(税別)。

photo
photo KX1000s

 Adobeとの協業で開発されたワイヤレスキーボードで、WindowsおよびMacに対応したマルチデバイス設計を採用。付属のUnifying対応USBアダプターによるワイヤレス接続のほか、Bluetooth LowEnergyでの無線接続もサポートされる。

 本体左上側にタッチセンサー式の小型入力ダイヤル“CROWN”を備えているのが特徴で、Adobe CCでの操作(コントラスト調整/透過率変更/タイムライン操作など)や、Microsoft Officeの操作などを直感的に行うことが可能だ。

photophoto

 キー構造はパンタブラフ式を採用、キーレイアウトはテンキー付きの日本語113キー配列となっている。キートップのバックライト発光機能も装備。本体サイズは430(幅)×149(奥行き)×32mm、重量は960gだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう