ニュース
» 2017年09月12日 15時42分 公開

ネットギア、11ac wave2もサポートしたトライバンド対応無線LANルータ「R8000P」を発表

ネットギアジャパンは、802.11ac wave2トライバンドに対応した無線LANルーター「Nighthawk X6S R8000P」を発表した。

[ITmedia]

 ネットギアジャパンは9月12日、トライバンド接続対応の無線LANルーター「Nighthawk X6S R8000P」を発表、10月5日より販売を開始する(本日よりAmazon.co.jpで予約受付を開始)。価格はオープン、予想実売価格は2万9800円だ(税込み)。

 2015年に発売されたIEEE 802.11ac接続対応無線LANルーター「R8000-100JPS」の後継製品で、802.11ac Wave2をサポートし転送速度を向上させているのが特徴だ。従来モデル同様に2.4GHz帯×1/5GHz帯×2のトライバンド接続をサポート、転送速度はそれぞれ最大750Mbps/1625Mbps/1625Mbpsに引き上げられている。また、複数の子機との安定した同時接続を実現できるMU-MIMOへの対応もうたわれている。

photo Nighthawk X6S R8000P

 有線接続はギガビット×5(WAN側×1、LAN側×4)を装備。LAN側ポートのうち2基はリンクアグリゲーションに対応した。ほかUSB 3.0×1/USB 2.0×1なども利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう