レビュー
» 2017年09月21日 13時00分 公開

洗練の「VAIO S13」か、新生の「VAIO S11」か 2017年モデル徹底検証 (5/5)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

完成度がさらに高まったビジネスモバイルPC

 新生VAIOとなってから力を入れている法人ユーザーの要望を強く反映させたリニューアルとあって、S13、S11ともにビジネスモバイルPCとしての完成度はより高まった。目立った弱点がなく、薄型軽量、剛性、端子の種類や数、SIMロックフリーLTE対応、ディスプレイの視認性、キーボードやタッチパッドの使い勝手、操作のレスポンス、バッテリー駆動時間、セキュリティ対策といった要素が高いレベルでバランスしている。

 USB Type-Cを省くなど先進性では後退も見られるが、現状のビジネスPCに求められる要素を追及した結果として理解はできる。コンシューマーでも先進性より、実用性や道具としての完成度を重視するユーザーは少なくない。VAIOブランドらしくデザインも洗練されており、幅広いユーザーにとって魅力的に映るはずだ。

 法人で一括導入する場合はさておき、個人で購入するなら、店頭モデルのスペック(S13の1モデルを除き、メモリ4GB、SSD 128GB)は物足りないだろう。となると直販モデルを検討することになる。最小構成価格はS13もS11も10万4800円(税別)だが、BTOで満足感が得られる構成にすると高価になりがちなので、用途と予算のバランスをどう取るかがポイントだ。

VAIO S
VAIO SVAIO SVAIO S S13評価機の「デバイスマネージャー」画面
VAIO SVAIO SVAIO S S11評価機の「デバイスマネージャー」画面
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう