ニュース
» 2017年11月15日 11時00分 公開

情シスの手間を軽減:NASのHDD異常を事前に検知 アイオー、法人向け予兆通知サービス

アイ・オー・データ機器が、法人向けNASの「LAN DISK H」「LAN DISK X」シリーズを対象にHDDの異常を故障前に検知する「予兆通知サービス」を追加した。

[田中宏昌,ITmedia]

ビッグデータを活用してHDDの異常を事前に検知

 アイ・オー・データ機器は2017年11月15日、法人向けNAS「LAN DISK H(HDL-H)」と「LAN DISK X(HDL-X)」の各シリーズを対象に、HDDの異常を事前に検知する「予兆通知サービス」を追加した。この機能をオン(通知する)に切り替えることで(初期設定は通知する)、NAS管理者はHDDが故障する前にドライブの交換通知を受け取ることができるようになり、ダウンタイムの軽減に役立てられる。

 同社は、法人向けNASの状態をインターネット経由で管理できる独自のクラウド管理機能「NarSuS(ナーサス)」を提供しており、今回追加された予兆通知サービスは、NarSuSの通知設定から切り替えられる。

photo Webブラウザで提供されるNarSuSの画面に追加された「予兆通知」。「通知する」に設定することで本機能を利用できる。なお、初期設定は「通知する」になっている

 HDDの異常検知には、HDD自身によるS.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)情報を利用していたが、同社がNarSuS上で蓄積したビッグデータ(約12万台のHDD稼働情報)を新たに活用することで、HDDの交換タイミングをメールで知らせてくれるのが特徴だ。

 また、別途有償の保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス(ISS)」に加入していれば、予兆通知が発行された時点で同社からHDDの交換案内連絡が届くので、該当ドライブの故障前に対応できる可能性が格段に高くなる。ISSには、専門スタッフが直接訪問してドライブの交換を行うオンサイト保守のほか、代替品を発送してユーザーが交換するデリバリィ保守などが用意され、NAS購入後も61日〜48カ月以内ならISSサービスに加入できるプランも用意されている。

photo 「予兆通知サービス」は法人向けNASのLAN DISK Hと同Xシリーズを対象に提供される。写真は6ドライブを収納可能な「LAN DISK H(HDL6-H)」だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう