ニュース
» 2017年11月27日 15時54分 公開

機密データの流出を未然に防ぐ中小企業向けセキュリティゲートウェイ「GE1000」

サクサは、未登録PCなどでの社内ネットワークアクセス禁止機能などを備えた中小企業向けセキュリティゲートウェイ「GE1000」を発表した。

[ITmedia]

 サクサは11月27日、未登録機器での社内ネットワークアクセス禁止機能などを備えた中小企業向けセキュリティゲートウェイ「GE1000」を発表、12月13日に販売を開始する。価格は64万8000円(税別)。

photo GE1000

 社内のセキュリティ対策を強化できるゲートウェイ機器で、事前に登録のない機器からの社内ネットワークへのアクセスを禁止できる不正端末侵入防御機能を装備。セキュリティ対策が不十分な個人所有のPCやスマートフォンを経由したウイルス感染やネットワーク通信の盗聴などを未然に防ぐことができる。

 またメール情報漏えい対策機能も搭載しており、添付ファイルの自動暗号化や、メール本文内に機密情報が記載されているかどうかのチェック機能(およびメール送信の自動保留)なども装備。メール送信はGE1000側で数分間保持してから送信を行うことができるため、保持している間であればメールの誤送信に気づいた場合にキャンセルを行うことが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう