ニュース
» 2017年12月05日 15時05分 公開

プラネックス、手乗りサイズのフルHD対応小型ネットワークカメラ

プラネックスコミュニケーションズは、高さ約104mmの小型筐体を採用したネットワークカメラ「CS-W50FHD」を発売する。

[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは12月5日、小型デザイン筐体を採用したネットワークカメラ「CS-W50FHD」を発表、本日より販売を開始する。価格はオープン、Amazon.co.jp販売価格は1万5542円だ(税込み)。

photophoto CS-W50FHD

 200万画素CMOSセンサーを搭載し最大1920×1080ピクセルでの録画に対応したネットワークカメラ。本体部は直径約80mm、スタンドを含めた場合でも高さ104mmの小型デザイン筐体を採用しているのが特徴だ。レンズは水平画角120度の広角仕様となっている。

 マイクとスピーカーも内蔵しており、専用アプリでの操作により双方向の切り替え通話が可能だ。録画は本体に装着したmicroSD/SDHCメモリーカードに行えるほか、クラウド/NASストレージへの保存も行える。

 操作用アプリはWindows/Mac OS用のほかAndroid/iOS用も利用可能だ(Mac OS用はβテスト版として公開中)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう