Special
» 2017年12月21日 10時00分 公開

Windows 7も10も使える即戦力の13.3型ノートPC 「VAIO Pro PB」を選ぶ意味 (1/2)

2020年1月までにWindows 7から10への移行は完了する必要があるが、いまだWindows 7搭載PCが業務に必要というビジネスの現場は多い。OS移行の過渡期には、どのようなクライアントPCを選定すべきだろうか。VAIOの新機種はその答えの1つを提示する。

[PR/ITmedia]
PR

 2020年1月にWindows 7の延長サポート終了を控え、企業内のクライアントPCはWindows 10への移行が求められている。しかし、社内のクライアントPC全てを一気にWindows 10へとリプレースできるような企業ばかりではない。むしろ、現段階ではまだWindows 7を使い続けたいという声もよく聞かれる。

 Windows 7からWindows 10への移行にあたっては、操作画面(ユーザーインタフェース)の変化、アプリケーションの互換性、そして従来と違うアップデートおよびサポートポリシーへの対応も課題になる。

 Windows 10は、「Windows as a Service(WaaS:サービスとしてのWindows)」というコンセプトのもと、年2回の大型アップデートを実施しており、1つのアップデートのサポート期間は配信開始から最長18カ月になる。Windows 10に移行すると、この更新サイクルに組み込まれるため、対応できる体制をあらかじめ整えておくことが必要だ。

Windows OS Windows OSのアップデートとサポート期限。Windows 10は大型アップデートの配信開始から最長18カ月間がサポート期限になるため、継続的な更新が行える体制を整えておく必要がある

 これまでと異なり、単にOSを載せ替えれば完了という移行ではないため、まだしばらくはWindows 7を利用したいというニーズが多いのは無理もない。

 2020年1月までにWindows 10への全面移行は必要だが、当面はWindows 7を使い続けたい……そういう事情に適しているのが、「Windows 10ダウングレードによるWindows 7プリインストール」という選択肢だ。

 一部のWindows 10搭載PCには、旧バージョンのWindowsを利用できる権利が付帯している。ダウングレード権を有するWindows 10の正規ライセンスと、旧OSの正規メディアおよびプロダクトキー(あるいはプリインストールイメージ)があれば、旧OSを(Windows 10のライセンスとして)利用可能で、追加コストなしでWindows 10へとアップグレードして使うこともできる。

Windows 7搭載PCがまだまだ必要という現実に対応する新機種

 そうした「Windows 10ダウングレードによるWindows 7プリインストール」に対応するノートPCの新機種が、VAIOの法人向けラインアップ「VAIO Pro」に加わったので注目したい。

 この「VAIO Pro PB」は、Windows 7 Professional 64bitまたは32bitのプリインストール(いずれもWindows 10 Pro 64bitからのダウングレード)モデルを用意しており、導入後直ちに使い慣れたWindows 7搭載PCとして運用できる。

 そして、追加のライセンス料を負担することなく、任意のタイミングでWindows 10 ProにOSアップグレードしての利用が可能だ。まさに、2020年1月までにはWindows 10に移行したいが、当面はWindows 7を使いたいというニーズに合致した構成になっている。

VAIO Pro PB 「VAIO Pro PB」のWindows 7 Professional 64bitプリインストール(Windows 10 Pro 64bitダウングレード)モデル。Windows 7でもWindows 10でも利用できるのが強みだ

Windows 7対応のプロセッサを採用、柔軟なカスタマイズも可能

 VAIO Pro PBは13.3型液晶ディスプレイを搭載した薄型軽量ノートPCだ。

 VAIO Proのラインアップには画面サイズが同じWindows 10専用の新機種「VAIO Pro PG」もあるが、このVAIO Pro PBは前機種「VAIO Pro 13 | mk3」および「VAIO S13」の2016年発売モデルと共通のベースシャシーを採用し、一部の仕様を現状のビジネスシーンに合うよう変更している。プロセッサにも違いがあり、VAIO Pro PBは第6世代Coreプロセッサ、VAIO Pro PGは第7世代Coreプロセッサを採用する。

 この違いの理由は、第7世代以降のIntel CoreプロセッサがWindows 7をサポートしていないため、Windows 7対応モデルのラインアップを前提にした場合、第6世代Coreプロセッサ搭載のハードウェアが必要なためだ。逆に言えば、VAIO Pro PBはWindows 7が利用できるハードウェアとしては最新の仕様となっている。

 第6世代Coreプロセッサは第7世代CoreプロセッサとはCPUの内部構造が共通で変化はそれほど大きくない。カスタマイズモデルでは最新のSSDも搭載でき、一般的な業務内容においてパフォーマンス面の不利はほとんどないと言える。

 カスタマイズモデルのプロセッサは、高性能なCore i7-6500UからCeleron 3955Uまで4種類から選べる。メモリやストレージも柔軟に選択可能で、必要なスペックだけを強化できるため、コストの無駄なく業務内容に最適なPCに仕立てられる。

 特にストレージのSSDは豊富な選択肢があり、一般的なSerial ATA SSDの他、より高速な「第三世代ハイスピードSSD(PCI Express x4/TLC)」と、書き込み耐久性や大量のデータ書き込みにも優れた「第三世代ハイスピードプロSSD(PCI Express x4/MLC)」といった最新のSSDも搭載できる。第三世代ハイスピードプロSSDは、Serial ATA SSD比べてシーケンシャルリードで約6倍、ライトでも約3倍高速だ(VAIO調べ)。

 また、新たに暗号化機能付きのSSD(OPAL2.0準拠)も用意した。暗号化処理が専用ハードウェアによって行われるため、Windows 10 Pro標準のBitLocker機能などソフトウェアによる暗号化に比べて、パフォーマンスが低下しない利点がある。

VAIO Pro PB VAIO Pro PBのカスタマイズモデルで選択できるSSD

モビリティ、スタミナ、豊富なインタフェースの好バランス

 VAIOが得意とするモビリティ(携帯性)の高さは健在だ。ロングバッテリーと豊富なインタフェースを備えたうえで高いモビリティを実現している点は、最新のVAIO Pro PGと共通している。

 ボディーのサイズは322(幅)×216.5(奥行き)×13.2〜17.9(高さ)mm、重量は約1.09kg。ビジネスバッグへの収まりもよく、どこにでもストレスなく持ち運べる。モバイルシーンや営業先でさりげなく存在感を主張するスタイリッシュでスリムなデザインも隠れたアピールポイントだ。

VAIO Pro PB ボディーサイズは322(幅)×216.5(奥行き)×13.2〜17.9(高さ)mm、重量は約1.09kg。すっきりとしたシャープなデザインも特徴だ

 公称のバッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定法)は、Windows 7選択時で約8.3〜9.9時間、Windows 10選択時で約10.2〜11時間。VAIO Pro PG(約11.5〜12.5時間)ほどではないものの、長時間の外出も十分カバーできるスタミナだ。

 クライアントPCの選定で重要なインタフェースも豊富に装備する。3基のUSB 3.0ポート(うち1基は電源オフでの周辺機器充電に対応)、SDメモリーカードスロットに加えて、ディスプレイ出力には最近のプロジェクターの主流であるHDMI出力と、広く普及している旧型のアナログRGB出力(D-Sub 15ピン)も搭載し、取引先などで普段と違う設備を利用する場合にもスマートに対応できる。

 通信機能についても、1000BASE-Tの有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1を標準装備。液晶ディスプレイの上部にはビデオ会議に便利なHD Webカメラも内蔵する。

 最近のノートPCは薄型化や軽量化のためにアナログRGB出力や有線LANの端子を省略し、変換アダプターやドックで対応することも多くなっている。標準装備のVAIO Pro PBであれば、そうした備品の導入コストや管理の手間が掛からず、携帯し忘れや紛失のリスクもない。実際に現場で使ってみれば、標準装備のありがたみが実感できるはずだ。

VAIO Pro PB 左右合計で3基(うち1基は電源オフでの周辺機器充電に対応)のUSB 3.0ポートを装備し、周辺機器をストレスなく接続して利用できる。HDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、有線LANと、ビジネスで需要の高い端子も漏れなく装備する


インテル® Core™i7 プロセッサー

Intel Inside® 飛躍的な生産性を


Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Core、Core Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:VAIO株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2017年12月28日

アンケート実施中

ITmedia PC USERでは、「法人PCの導入」に関するアンケートを実施中です。アンケートにお答え頂いた方から、抽選で3名様にAmazonギフト券5,000円分を差し上げます。