ニュース
» 2017年12月22日 16時11分 公開

5K解像度と視野角210度を実現するハイエンドVR HMD「StarVR」がセガ新宿歌舞伎町に登場

台湾STARVRは、同社製VR HMD「StarVR」を導入したVR体験コーナー「SEGA VR AREA SHINJUKU」の開設を発表した。

[ITmedia]

 台湾STARVRは12月22日、同社製VR HMD「StarVR」を導入したVR体験コーナー「SEGA VR AREA SHINJUKU」を発表、セガが運営するアミューズメント施設「セガ新宿歌舞伎町」内にオープンした。営業時間は13時から23時。

photo StarVR

 同コーナーで用いられるHMD「StarVR」は、2560×1440ピクセル解像度の有機ELパネルを2枚(合計5120×1440ピクセル)採用したハイエンドモデルで、業界最高をうたった水平視野角210度を実現した。また、ハリウッド映画のCG撮影などでも用いられるトラッキングシステムの採用したことで、長時間利用でも目が疲れにくく“VR酔い”になりにくい点も特徴としている。

photo
photo 施設内イメージ

 施設情報はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう