ニュース
» 2017年12月31日 10時30分 公開

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編) (2/4)

[古田雄介,ITmedia]

Kaby LakeとCoffee Lake――Intelは2世代のCoreシリーズを投入

 Intelは、年明け早々の1月6日に「Kaby Lake-S」こと第7世代CoreシリーズとIntel 200シリーズチップセット搭載マザーを投入した。これまでの世代と同じように最上位の「Core i7-7700K」(当時税込み4万7000円前後)が一番人気となり、プラットホームを牽引していくことになる。

 「Skylake-S」こと第6世代からスムーズに移行が進んだが、その過程でOSの選択肢はWindows 10のみに絞られていった。これは第7世代Coreと対応マザーの公式な対応OSがWindows 10 64bit版のみとなるため(※Ryzenも同様)。回避策もあるにはあるが、すでに2016年下旬時点で店頭でのOSの売れ行きはWindows 10に集中する傾向があったため、2014年のXP終了前後の頃のような混乱はみられなかった。

 当時、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「手持ちの7/8.1をインストールしたいというニーズはやはり根強くて、その場合は保守パーツとして旧世代を確保することをお勧めしています。今年が終わるころには7もレガシー化しているんじゃないかと思います」と話していた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の第7世代Coreシリーズ発売POP

2月初旬には初の“Kつきi3”こと「Core i3-7350K」(税込み2万5000円前後)も登場。OC用として話題を集めた

旧世代のCPUとマザーも比較的長期間併売され、対応マザーには「Windows 7導入に」といったPOPもみられた

 それから10カ月に渡って自作PCのメインストリームを支えていたが、11月2日は「Coffee Lake-S」こと第8世代Coreシリーズと、対応するZ370マザーが登場し、2017年のうちに世代交代を迎えることになる。Coffee Lake-Sは最上位の「Core i7-8700K」(税込み4万8000円前後)が6コア/12スレッド構成になるなど、全体的にコア数が底上げされているのが特徴だ。

 発売当初からまずまず順調に売れてはいるものの、底値となった第7世代Coreと対応マザーの在庫が残っている状態で、新ラインアップの「Core i7-8700」と「Core i5-8600K」「Core i5-8400」(税込み価格は4万円前後/3万3000円前後/2万3000円前後)が極端な品薄に陥っており、年初ほどの滑らかなバトンタッチは年末にいたるまで実現していない。

 その背景について、某ショップはこう語る。「Coffee Lakeはロードマップを前倒しして投入されましたが、その背景にはRyzenの台頭があるといわれています。ライバルに対抗すべく手を打ったものの、生産ペースは上げられないので、ひとまずは一番人気になるであろうi7-8700Kの製造に集中したというウワサもありますね」。いずれにしろ、Intel一強だったここ数年ではみられない動きなのは確かだ。そのあたりの事情はハイエンドCPUもよく似ている。

11月2日に一斉発売となった第8世代Coreファミリー

11月初旬に撮影したTSUKUMO eX.のマザーボード売り場。Intel 100/200/300シリーズのモデルが見つかる

12月、ドスパラ秋葉原本店ではCore i5-8400Kのバルク品をCPUクーラーとセットで販売。リテール品が十分に確保できないゆえの商品といえる。税込み3万3771円

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう