ニュース
» 2018年02月16日 13時20分 公開

富士通、グローバル市場向け生体認証ソフト「AuthConductor Client」を発表 オセアニア地域から順次展開

富士通は、指紋センサーや静脈センサーなどと組み合わせてセキュアな認証を実現できる生体認証ソフト「AuthConductor Client」の販売を開始する。

[ITmedia]

 富士通は2月16日、グローバル市場向けをうたう生体認証ソフト「FUJITSU Security Solution AuthConductor Client」を発表、2月16日からオセアニア地域で販売を開始する。

 静脈センサーや指紋センサーを搭載する同社製ノートPCやタブレット、USB外付けセンサーなどと組み合わせて利用できる生体認証センサー。生体情報とログイン状況を一元管理できる「Active Directory」にも対応、既存のシステムを変更することなく導入が行える点も特徴となっている。

 販売国は今後拡大予定で、2018年上期中にアジア、北米で順次展開するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう