PC USER Pro
ニュース
» 2018年02月22日 12時51分 公開

日本HP、堅固なセキュリティ機能を備えたB0大判プリンタ「HP DesignJet T1700」など2製品

日本HPは、ワークグループ向け大判プリンタ「HP DesignJet T1700」など大半プリンタ2製品を発売する。

[ITmedia]

 日本HPは2月22日、ワークグループ向け大判プリンタ「HP DesignJet T1700」シリーズを発表、本日販売を開始する。

photo HP DesignJet T1700シリーズ

 B0判までの大判出力に対応したプリンタで、機密性の高いデータの出力を想定したセキュリティ機能を実装しているのが特徴。HDDを取り外してのデータ抜き取りを防止できる自己暗号化ドライブを採用する他、安全性が証明されたファームウェアのみを導入できるBIOS保護機能「HP Secure Boot」も備えている。

 インクは6色インク(5色染料+顔料)を採用。製品ラインアップは通常構成モデルに加え、PostScript 3対応モデルやダブルロール給紙対応モデルなどのバリエーションも用意している。ラインアップと価格は以下の通りだ。

製品名 価格(税別)
HP DesignJet T1700 59万8000円
HP DesignJet T1700 PS 74万8000円
HP DesignJet T1700 dr 85万3000円
HP DesignJet T1700 dr PS 93万8000円
HP DesignJet T1700 dr PS SD Pro MFP 198万円

 また、高速出力対応のA1ページプリンタ「HP PageWide XL 5100」シリーズの販売も開始される。

 A1出力時で最大20枚/分の高速出力を可能としたモデルで、ファーストページプリントも約28秒を実現。地図や店頭ポスター、設計図面などを迅速にプリントできる。価格はプリント出力モデルの「HP PageWide XL 5100」が578万円、複合機モデルの「HP PageWide XL 5100 MFP」が628万円。

photo HP PageWide XL 5100

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう