ニュース
» 2018年03月01日 09時51分 公開

Mobile World Congress 2018:Qualcomm、「Snapdragon 700」シリーズ立ち上げ 845のAIなどの高機能を660より省電力で

Qualcommがモバイル向けプロセッサの新シリーズ「Snapdragon 700」を発表した。「Snapdragon 845」で採用のAI技術や画像処理技術を搭載しつつ安価で「Snapdragon 660」より高性能なミッドレンジプロセッサだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは2月27日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されているモバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2018」で、モバイル向けプロセッサ「Snapdragon」の新シリーズ「Snapdragon 700」を発表した。

 数字から推測できるように、性能的に「Snapdragon 660」と「Snapdragon 845」の間に位置するシリーズになる。

 snapdragon 1

 CPUコアなどの詳細な構成はまだ不明だが、CPUに「Kryo」を、GPUには「Adreno Visual Processing」を、画像処理の「Spectra ISP」を採用する。

 Snapdragon 845で採用している同社のAI(人工知能)技術「Artificial Intelligence Engine」を搭載し、Snapdragon 660の最大2倍のAI機能を提供できるとしている。

 Snapdragon 660より30%省電力でき、「Qualcomm Quick Charge 4+」で15分で50%の充電が可能。ネットワーク機能では、超高速LTE(5Gのことか)やBluetooth 5をサポートするという。

 OEMメーカーへの提供は2018年上半期中に開始の予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう