ニュース
» 2018年04月10日 11時32分 公開

富士通、VESAマウントにも対応した超小型設計の法人向けシンクライアント端末「FUTRO S740」など3製品

富士通は、同社製の法人向けシンクライアント端末「FUJITSU Thin Client FUTRO」の新モデル計3機種を発表した。

[ITmedia]

 富士通は4月10日、同社製の法人向けシンクライアント端末「FUJITSU Thin Client FUTRO」の新モデルを発表、4月下旬から順次販売を開始する。

photophoto FUTRO S740

 今回のラインアップでは、デスクトップ型モデルに新型のコンパクト筐体を採用したウルトラスモールモデル「FUTRO S740」を追加。従来製品の「S720/N」比で約63%のコンパクト化を実現した。またカスタムメイドでマウントキットを追加することで液晶ディスプレイのVESAマウントへの取り付けも可能だ。

 この他、ノートPC型製品として最新OSのWindows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBを導入した「FUTRO MU937」「FUTRO MA576」を用意した。

 セキュリティ対策用のソリューションを用意しているのも特徴で、指紋や手のひら静脈で本人認証を行える「SMARTACCESS」(オプションで選択可能)、利用できるUSBポートやネットワークを限定しデータの外部持ち出しを制限する情報漏えい対策ソフト「FUJITSU Software Portshutter Premium」なども用意した。

製品名 価格(税別) 提供開始時期
FUJITSU Thin Client FUTRO S740 5万9600円〜 2018年5月下旬〜
FUJITSU Thin Client FUTRO MU937 15万8900円〜 2018年4月下旬〜
FUJITSU Thin Client FUTRO MA576 9万9500円〜 2018年4月下旬〜

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう