ニュース
» 2018年05月11日 13時38分 公開

ASRock、Ryzen対応の多機能ゲーミングMini-ITXマザーなど2製品

マスタードシードは、台湾ASRockのRyzen対応Mini-ITXマザーボード計2製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 マスタードシードは5月11日、台湾ASRockのRyzen対応Mini-ITXマザーボード計2製品「Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac」「A320M-ITX」の取り扱いを発表、5月18日に販売を開始する。予想実売価格はFatal1ty X470 Gaming-ITX/acが2万3800円前後、A320M-ITXが1万1980円前後だ(税別)。

photophoto Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac(左)、A320M-ITX(右)

 Fatal1ty X470 Gaming-ITX/acは、AMD X470チップセットを採用したMini-ITXマザーボードで、ゲーミングPCの構築に向く多機能設計となっているのが特徴。メモリスロットはDDR4スロット2本(最大32GB)、拡張スロットはPCI Express x16×1を装備する。

 オーディオ機能として7.1ch HDオーディオ対応の「Creative SoundBlaster Cinema 5」を標準で装備する他、Ultra M.2スロット×1も利用可能となっている。またIEEE 802.11ac対応の無線LANモジュールも標準で搭載した。LEDライティングアクササリー用のヘッダピン端子も装備しており、専用アプリで発光のカスタマイズも行える。

 A320M-ITXは、AMD A320チップセットを採用するMini-ITXマザーボードで、メモリスロットはDDR4スロット2本(最大32GB)、拡張スロットはPCI Express x16×1を装備した。エントリークラスモデルながらUltra M.2スロットを標準で搭載し、サージ対策機能の「Full Spike Protection」なども備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう