ニュース
» 2018年06月26日 06時19分 公開

Apple、「iOS 12」の一般ユーザーも試せるパブリックベータを公開

Appleが、モバイルOS「iOS 12」の一般ユーザー向けパブリックベータを公開した。iOS 11搭載端末は落ちこぼれることなくインストール可能だ。正式版は今秋リリースの予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月25日(現地時間)、次期モバイルOS「iOS 12」のパブリックベータを公式サイトで公開した。日本でもダウンロードできる。

 publicb 1

 Apple IDでサインインし、アップデート可能な端末を登録すれば、「ソフトウェアアップデート」から最新のパブリックベータを入手できる。対応する端末は以下の通り。

 publicb 2 iOS 12をインストールできる端末一覧

 パブリックベータはデータの後方互換性が保証されていないため、Appleはインストール前にバックアップを作成することを勧めている。メインで使っているiPhoneにインストールするのは勧められない。

 iOS 12の正式版は今秋公開の見込み。主な新機能は、iPhoneの使いすぎを制御するための「Screen Time」や「おやすみモード(Do Not Disturb)」、AR(拡張現実)プラットフォーム「ARKit 2」のサポート、iPhone Xの「アニ文字」で自分に似たキャラクターを作れる「Memoji」、「FaceTime」でのグループチャット、Siriのショートカット機能、「CarPlay」でのGoogleマップサポートなど。新機能の詳細は公式サイトを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう