ニュース
» 2018年07月25日 15時02分 公開

LGエレ、スリムな縦型筐体を採用する4K HDR対応DLPプロジェクター

LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社初の4K HDR対応レーザープロジェクター「HU80KS」を発表した。

[ITmedia]

 LGエレクトロニクス・ジャパンは7月25日、同社初の4K HDR対応レーザープロジェクター「HU80KS」を発表、8月17日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は33万円前後だ(税別)。

photo HU80KS

 3840×2160ピクセル表示に対応したDLPプロジェクターで、最大150型までの投写に対応した。明るさは最大2500lm(ルーメン)、コントラスト比は15万:1で、HDR10形式のHDRコンテンツ再生もサポートしている。

photo 縦置き利用時のイメージ

 ミラー反射式の縦型筐体を採用しているのも特徴で、設置台などを別途用意することなく床置きでの利用が可能。またミラーを畳んだ状態で天井設置などを行うこともできる。

 映像入力はHDMI×2を装備する他、USBストレージからの再生や専用アプリ「LG TV Plus」を用いてスマートフォン画面の再生も行える(LG TV Plusの利用はWi-Fi接続が必須)。

photo

 本体サイズは165(幅)×165(奥行き)×474(高さ)mm(縦置き時)、重量は約6.7kgだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう