ニュース
» 2018年08月10日 18時46分 公開

Sペン以上に“スペック推し”が目立ったGalaxy Note9発表会 次の新機軸は? (1/2)

Samsungが「Galaxy Note9」の発表会を米ニューヨークで開催。SペンがBluetooth内蔵で進化したが、発表会ではスペック向上をより強調していた。Note8の欠点を補い、Galaxy S9/S9+の新機能を取り入れたファインチューニングの色合いが濃い。

[石野純也,ITmedia]

 Samsung Electronicsは、8月9日(現地時間)に、米ニューヨークで新製品発表イベントの「UNPACKED 2018」を開催。フラグシップモデルの「Galaxy Note9」に加え、Galaxyブランドにブランドを刷新した「Galaxy Watch」や、Bixby搭載スマートスピーカーの「Galaxy Home」を発表した。

Galaxy Note9 歴代最高のスペックを誇る「Galaxy Note9」
Galaxy Note9 スマートウォッチのブランドも「Galaxy Watch」になり、原点回帰した
Galaxy Note9 Bixby搭載のスマートスピーカー「Galaxy Home」も発売される

最初に「バッテリー」をアピール

 「Galaxy Note7」の発火事故からの復活を印象づけ、“Noteシリーズの愛用者”に感謝の気持ちを示した2017年とは打って変わり、2018年はGalaxy Note9のスペック推しが目立った。イベントの冒頭で同社IT&モバイルコミュニケーション部門のCEO、DJコー氏が「世界で最もパワフルなモバイルデバイスを紹介でき、とても興奮している」と語り、最初にアピールされたのは、バッテリーだった。

Galaxy Note9 Samsung Electronics IT&モバイルコミュニケーション部門のCEO、DJコー氏
Galaxy Note9 最初に紹介された仕様は、まさかのバッテリー容量だった

 Galaxy Note9には、Galaxy Note8より700mAh多い4000mAhのバッテリーを搭載。UNPACKEDでは、「丸々1日使える」と語られた。次にフィーチャーされたのが、その容量。内蔵ストレージは通常版が128GBだが、上位版として512GB版が用意されており、「外部メモリも使えて、512GBのSDカードを足せば、1TBにもなる」とプロダクトマーケティング シニアディレクター ドリュー・ブラッカード氏はアピールした。

Galaxy Note9 512GBのストレージを内蔵する上位版では、外部メモリとの合計でストレージが1TBに達する

 次に訴えかけたのが、スピードとパフォーマンス。Galaxy Note9には、Samsungの「Exynos 9810」かQualcommの「Snapdragon 845」が搭載されており、1世代前のモデルと比べ、CPU性能が33%、GPU性能が23%アップしているという。ここで壇上にはゲストとして、Epic GamesのCEO、ティム・スウィーニー氏が招かれ、これまでAndroid向けになかった「フォートナイト」を配信することが明かされた。

Galaxy Note9 プロセッサも最新のもので、CPU、GPUともに性能が向上している
Galaxy Note9
Galaxy Note9 Epic GamesのCEO、ティム・スウィーニー氏が登壇。フォートナイトのAndroid版が配信されることが明かされた

 これを受け、ブラッカード氏はゲーム利用時のパフォーマンスについても言及。Galaxy Note9には先進的な冷却システムが内蔵されているとして、プロセッサのピーク性能を引き出しやすいことが語られている。

Galaxy Note9 プロセッサの冷却装置を内蔵しており、フォートナイトのような負荷の高いゲームを遊んでも、ピーク性能を維持しやすいという

 パフォーマンスに続いて紹介されたのが、カメラだ。カメラにはF1.5とF2.4に絞りを切り替える「デュアルアパチャー」機能を搭載。F値は明るさに応じて自動で切り替えられる他、プロモードでは手動での選択も可能だ。これは、販売中のGalaxy S9/S9+と同じだが、Galaxy Note9はAIも活用。シーンを認識して最適な設定に切り替えられるだけでなく、撮影時の“失敗”をサムネイルで教えてくれる。

Galaxy Note9 カメラには、Galaxy S9と同様、絞りを明るさに応じて切り替えるデュアルアパチャーが採用されている
Galaxy Note9
Galaxy Note9 AIで被写体に合わせて色などを最適化する他、人物が目をつぶったときなどにサムネイルでそれが通知される

SペンはBluetooth対応に

 イベント冒頭から“スペック推し”一辺倒だったGalaxy Note9だったが、ここで登壇者が交代に。プロダクトマーケティングのディレクター、ジョナサン・ウォン氏が舞台に上がり、Sペンの新機能を紹介した。新たなSペンは、Bluetoothに対応。リモコンのように本体を操作できるのが特徴だ。実はスクリーンに映し出された資料も、ウォン氏がSペンで操作していたという演出もあり、会場はヒートアップ。Sペンは本体に挿して充電でき、わずか40秒で30分程度の利用が可能になるという。

Galaxy Note9
Galaxy Note9 Sペンを紹介したジョナサン・ウォン氏だが、実はその手にSペンが握られており、背後のスライドも同氏が操作していた
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう