ニュース
» 2018年10月04日 15時32分 公開

レノボ、4Kディスプレイモデルも用意した“Yoga”フラグシップモデル「C930」など2製品

レノボ・ジャパンは、モバイルPC“Yoga”シリーズのフラグシップモデル「Lenovo Yoga C930」など計2製品を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月4日、モバイルPC“Yoga”シリーズのフラグシップモデル「Lenovo Yoga C930」を発表、11月上旬に販売を開始する。価格は17万9800円から(税別)。

photo
photo Lenovo Yoga C930

 360度展開可能なディスプレイを備えるマルチモードPCで、4KまたはフルHD表示対応のマルチタッチ対応13.9型ワイド液晶ディスプレイを搭載した。充電式ペンを標準で装備、筐体に格納することで自動充電が可能だ。またヒンジ部にサウンドバーを装備しており、利用スタイルに関わらず正面からサウンドが聞こえる設計になっている。

 CPUはCore i5-8250UまたはCore i7-8550Uを搭載。メモリは8GB/16GB、ストレージは256GB/512GB SSDを装備する。OSはWindows 10 Home 64bit版を導入、バッテリー駆動時間は最大約17.2時間だ。


 またレノボ・ジャパンは、13.3型モバイルノートPC「Lenovo Yoga S730」を発表、11月上旬に販売を開始する。価格は13万9800円(税別)。

photophoto Lenovo Yoga S730

 ディスプレイ回転機能を備えない一般的なクラムシェル筐体を採用するスリムノートPCで、フルHD表示対応の13.3型ワイド液晶ディスプレイを内蔵。CPUはCore i5-8265UまたはCore i7-8565Uを搭載、メモリは8GB、ストレージは256GB/512GB SSDを搭載した。

 狭額縁デザインの薄型スリム筐体を実現、指紋認証機能やバックライトキーボードを標準で装備した。バッテリー駆動時間は最大約10時間で、1時間で約80%充電できるクイックチャージ機能も利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう