ニュース
» 2018年10月10日 08時56分 公開

「Windows 10 October 2018 Update」、問題修正版をインサイダー向けに提供開始

Microsoftが、「Windows 10 October 2018 Update」のアップデートで「ドキュメント」フォルダのファイルが消失する問題を特定・修正できたとして、停止していた提供再開を目指し、まずはInsiderコミュニティ向けに更新版提供を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月9日(現地時間)、6日に停止した「Windows 10 October 2018 Update」(バージョン1809)の問題を修正し、まずは「Windows Insider」コミュニティ向けにアップデート版の提供を開始したと発表した。

 win 1

 同社は4日にWindows 10 October 2018 Updateを公開したが、アップデート後に「ドキュメント」フォルダ内のファイルが削除されたという報告が複数あったため、公開を停止し、問題を調査していた。

 問題を報告したユーザーは“ローリングアウト”を待たずに手動でWebサイトからアップデートをダウンロードしており、報告数はバージョン1809をインストールしたユーザーの100分の1パーセントだったという。とはいえ、データ消失は深刻な問題なので、すべての報告を完全に調査し、問題をすべて特定し、修正し、内部検証を実施したとしている。

 調査結果についての説明は公式ブログを参照されたい。

 同日、既にアップデートしてしまったユーザーに向けたアップデートファイル「KB 4464330」も公開した。

 win 2

 今後は、Insider向け再提供の結果やフィードバックを注意深く調査してから一般向けの再提供に進む計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう