ニュース
» 2018年10月16日 13時00分 公開

より快適に使える改良を施した「LAVIE Note NEXT」2018年秋モデル 10月18日発売

NECパーソナルコンピュータのプレミアムスタンダートノートPCの2018年秋モデルが登場する。下位モデルにはOptaneメモリ、上位モデルにはヤマハ監修のスピーカーの搭載するなど、より快適に使える改良が施された。

[井上翔,ITmedia]

 NECパーソナルコンピュータは10月18日、15.6型ワイド液晶を搭載するスタンダードノートPC「LAVIE Note NEXT」の2018年秋モデルを発売する。想定販売価格は19万9800円(NX750/LA)または20万9800円(NX850/LA)。

 このモデルをベースとする直販モデル「LAVIE Direct NX」も同日発売する。一部構成のカスタマイズが可能で、販売価格は17万5000円からとなる予定だ。

(記事中の価格は税別)

LAVIE Note Next(NX850/LAB:グレイスブラックシルバー) LAVIE Note Next(NX850/LAB:グレイスブラックシルバー)

 LAVIE Note NEXTは、「長い間使っても安心なプレミアムノートPC」として2017年秋に初登場したモデル。ノートPCに必要な機能をゼロベースで検討し直し、シンプルかつ無駄のない、長期間使えることを目指して開発された。

 2018年秋モデルは、前年モデルをより改良したものとなる。店頭販売モデルは上位の「NX850/LA」と下位の「NX750/LA」の2モデル構成で、それぞれにグレイスブラックシルバー、プラチナホワイト、クレストゴールドの3色を用意する。グレイスブラックシルバー以外の2色は新色だ。

LAVIE Note Next(NX850/LAW:プラチナホワイト) LAVIE Note Next(NX850/LAW:プラチナホワイト)

 CPUは第8世代Coreシリーズで変わりないが、上位のNX850についてはCoffee LakeアーキテクチャのCore i7-8750H(6コア12スレッド:2.2G〜4.1GHz)に変更された。NX750は2017年秋モデルと同様にCore i7-8550U(4コア8スレッド:1.8G〜4GHz)を搭載している。

 メインメモリは両モデルともに8GB(DDR4 SO-DIMM:4GB×2)で、標準のメモリモジュールからの換装で最大32GB(16GB×2)まで増設できる。ストレージはNX850が128GBのSSD(PCI Express接続)と1TBのHDD、NX750がOptaneメモリと1TBのHDDという組みあわせとなっている。NX750についてはOptaneメモリを新搭載することで、起動速度をSSD搭載モデル並みに高速化した。光学ドライブは両モデル共通でBDXL対応のBlu-ray Disc(BD-RE)ドライブを搭載している。

LAVIE Note Next(NX850/LAG:クレストゴールド) LAVIE Note Next(NX850/LAG:クレストゴールド)

 ディスプレイはフルHD(1920×1080ピクセル)の15.6型IPS液晶で従来モデルと変わりないが、厚さを1.1mm削減。閉じた時の厚みがNX850は24.6mm、NX750が23.6mmと、従来モデルの25mmから薄型化を果たしている。

 NX850では、過去の「LAVIE Note Standard」のプレミアムモデルに搭載されていたヤマハ監修の高音質スピーカーを“復活”させた。

 本体左側面には電源端子、HDMI出力、USB 3.1 Type-C端子、SDメモリーカードスロットとイヤフォンマイク端子を備えている。USB 3.1 Type-C端子は映像出力(DisplayPort)機能やUSB Power Delivery(USB PD)による電源入出力には対応していない。

 本体右側面には電源ボタン、USB 3.0端子×2と光学ドライブを備えている。電源ボタンにはWindows Hello対応の指紋認証センサーも一体化しているが「電源オフからのシングルサインインには対応していない」(関係者)。USB 3.0端子のうち1つは、電源がオフの状態でも給電できるようになっており、スマートフォンやモバイルバッテリーの充電に用いることができる。

 なお、今回の新モデルでは、デザイン改善の一環で端子内部の色を全て黒で統一している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう