PC USER Pro
ニュース
» 2018年11月27日 15時27分 公開

エプソン、「Endeavor」に会計ソフト標準付属モデルを追加

エプソンダイレクトは、同社製の会計ソフトを付属した“会計ソフトプリインストールモデル”2製品の販売を開始した。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは11月27日、同社製の会計ソフトを付属した「Endeavor NJ4100E-AC 会計ソフトプリインストールモデル」「Endeavor AT10-AC 会計ソフトプリインストールモデル」を発表、本日販売を開始した(出荷開始時期はそれぞれ12月上旬、12月中旬の予定)。価格はそれぞれ16万4000円から、14万7000円から(税別)。

photo
photo NJ4100E-AC(上)、Endeavor AT10(下)

 それぞれCore i5-7200U搭載の15.6型ノートPCの「NJ4100E-AC」と、Core i5-7500搭載省スペース型デスクトップPC「Endeavor AT10」をベースにしたモデルで、同社製の会計ソフト「Weplat 財務応援 R4 Lite ダウンロード版(WEOZLA)」「Weplat 給与応援 R4 Lite ダウンロード版(WEOKLA)」のいずれか(両方入りのモデルも用意)をプリインストールしているのが特徴だ。Microsoft Office Home and Business 2016も標準で付属しており、会計用途だけでなくオフィス用途としても利用可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう