PC USER Pro
ニュース
» 2018年11月30日 13時19分 公開

Synology、中小企業向けの8ベイNAS「DiskStation DS1819+」など2製品を発表

アスクは、Synology製8ベイ搭載デスクトップNAS「DiskStation DS1819+」など計2製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは11月30日、Synology製の中小企業向けNAS「DiskStation DS1819+」「RackStation RS1619xs+」の取り扱いを発表、11月末に販売を開始する。予想実売価格はそれぞれ12万2900円、29万4900円だ。

photo DiskStation DS1819+

 DiskStation DS1819+は、3.5/2.5インチSATAドライブを8基装着可能なデスクトップNASで、CPUには4コアのAtom C3538を採用。拡張用のPCIeスロットも装備しており、10ギガビットイーサネット(GbE)カードやM.2 SSDアダプターカードなどの増設にも対応している。また、5ベイ搭載の外付け拡張ユニット「DX517」を2台増設することで最大18基までのストレージを装着可能だ。

photo RackStation RS1619xs+

 RackStation RS1619xs+は、3.5/2.5インチSATAドライブを4基装備できる1Uラックマウント型NASで、CPUにXeon D-1527を採用。標準でキャッシュ用M.2 SSDスロット×2も備えており、高速なシステムキャッシュを構築可能だ。12ベイ搭載拡張ユニット「RX1217」「RX1217RP」を1台増設することで最大16基までストレージ拡張を行える。

関連キーワード

NAS | Synology | ラックマウント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう