速報
» 2018年12月05日 11時28分 公開

Microsoft、ブラウザエンジンEdgeHTMLを捨てChromiumに移行か

MicrosoftがWindows 10の標準Webブラウザ「Edge」のレンダリングエンジンをEdgeHTMLからGoogleのChromeと同じBlinkに変更すると米メディアが報じた。

[ITmedia]

 米Microsoftが「Windows 10」の標準Webブラウザ「Edge」を捨て、米Googleの「Chrome」などが採用するレンダリングエンジン「Blink」ベースの新たなWebブラウザを構築していると、米Windows Centralのザック・ボーデン記者が12月3日(現地時間)、匿名希望の情報源の話として報じた。

 Microsoftは2015年、Windows 10の標準WebブラウザとしてEdgeをリリースし、ユーザーにそれまでの標準Webブラウザ「Internet Explorer」からの移行を促してきた。

 edge

 ボーデン氏によると、Microsoftはコードネーム「Anaheim」の下、エンジンとしてEdgeHTMLではなくBlinkを採用するブラウザを開発しているという。新ブラウザがEdgeの名称を使うのか、別の名前になるのかはまだ不明としている。BlinkはChrome、Chromium、Opera、Vivaldiなどが採用している。

 iOSおよびAndroid版Edgeはそれぞれのプラットフォームのレンダリングエンジンを採用しており、EdgeHTMLは使っていないので、Windows版でもエンジンが変わってもユーザーインタフェースなどが激変することはないかもしれない。

 ボーデン氏は、新ブラウザは2019年上半期に発表されるとみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう