PC USER Pro
ニュース
» 2018年12月06日 16時08分 公開

キヤノン、安定した高速印刷を実現するオフィス向けA3複合機 月額1万3000円からの定額モデルも

キヤノンは、新開発のラインヘッドを採用したオフィス向けA3インクジェット複合機「WG7350F」「WG7350FM」を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンは12月6日、新開発のラインヘッドを採用したオフィス向けA3インクジェット複合機「WG7350F」を発表、12月下旬に発売する。価格はオープン。

photo WG7350F  ※別売オプションの「2段カセットペディスタル・CF10」装着時イメージ

 ともにオフィス向けのA3判対応インクジェット複合機で、新開発のラインヘッドと4色顔料インクの採用で高生産性と高画質印刷を実現。印刷速度は最大80枚/分(A4普通紙の場合)となっている。また紙詰まりに配慮した本体設計に加え、定期交換部品を少なくしたことでダウンタイムを軽減しているのも特徴だ。

 また、本体や消耗品を購入することなく利用可能な定額制モデル「WG7350FM」もラインアップ。月額料金のみで計3200枚(モノクロ2240枚+カラー960枚)までのプリントが可能だ。月額料金は1万3000円からとなっている(定額プランの詳細はこちら)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう