ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手書き認識」最新記事一覧

スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤を用いた「企業向けAIサービス」を開始
富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016/11/30)

“割安”か“オーバースペック”か?
とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?
「TOUGHPAD FZ-G1」は優れた耐久性とパフォーマンスを兼ね備えたタブレットだ。構成部品がパワーアップした新モデルなら、価格に見合うだけの性能を、長期間使い続けることができるだろう。(2016/5/8)

より人間らしいAIの実現へ
ディープラーニングは“黒歴史”を乗り越えられるか
ディープラーニング(深層学習)がAIコミュニティーを席巻している。Microsoftのエリック・ホービッツ氏とFacebookのヤン・ルカン氏が、この種の機械学習がなぜ極めてエキサイティングなのかを解説。(2015/12/15)

手書き特化タブレット「enchantMOON」販売終了へ
発表から3年……。(2015/12/2)

「enchantMOON」販売終了 新機種開発へ
手書きメモに特化したタブレット型コンピュータ「enchantMOON」の販売が年内で終了。新機種の開発も示唆している。(2015/12/2)

App Town ユーティリティ:
MetaMoJiの「mazec for iOS」、アップデートで絵文字入力機能などを大幅強化
MetaMoJiは、iOS 8向け手書き日本語変換入力「mazec for iOS」のアップデートを実施。絵文字への対応強化や短文登録の追加など、文字以外の入力機能を強化している。(2014/12/8)

「mazec for iOS」がアップデート――iPhone 6/6 Plusでの片手操作に最適化
MetaMoJiは、iOS 8に対応した手書き日本語変換入力「mazec for iOS」をアップデート。iPhone 6/6 Plusでの片手操作に最適な入力モードを追加している。(2014/10/15)

2カ月で160本作った還暦開発者が送る10のアプリ開発ノウハウ(8):
手書きで入力した住所の位置をBing Maps SDKで地図上に表示するには
古(いにしえ)からのVBでWindows 8.1向けのさまざまな機能のアプリを開発する手順やコツを解説していく。今回は、「Microsoft日本語手書き認識エンジン」とBing Maps SDKの使い方をサンプルを交えて解説する。(2013/12/2)

フォトギャラリー:
スマホを超えるスマートデバイスが集結!? 米国起業家イベントをレポート
スマートデバイスを開発する起業家が集うイベントが米国で開催された。スマートフォン以上にヒットを飛ばせる製品は出てくるのだろうか。イベントで見かけた開発品の一部を紹介する。(2013/10/9)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:
改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編
まぁまぁ、もう一度使ってみましょうよスタート画面。Windowsストアアプリを改めて探すと“定番”系は意外とそこそこそろってきているみたいだ。今回はクラウドサービス系アプリ編をピックアップしてみた。(2013/4/16)

間違えると振動して知らせる学習用電子ペン「Lernstift」
Lernstiftはつづりを間違えたりするとブルブル振動する。(2013/3/1)

電子ノート「WG-N10」を使ってみた:
“手書き版ポメラ!?” シャープの「電子ノート」次世代モデルを妄想してみる
シャープの電子ノートは、メモ機能に特化したシンプルなツールだ。各種文具を研究した形跡も見られる。本稿では、スペックをおさらいしつつ、シャープの過去と現在を見渡しながら、ありうべき次世代モデルについて“妄想”提言してみたい。(2013/2/22)

手書き文字でラクラクハガキ作成――カシオ、「プリン写(しゃ)ル」の新モデル「PCP-2100」を9月7日発売
PCなしでハガキ作成やフォトエディットが行え印刷できる「プリン写(しゃ)ル」に、液晶画面上から手書き文字入力ができる新モデルが発売される。(2012/8/23)

シャープ、カラー電子辞書「Brain」の旅行モデルとTOEICテスト対策モデル
シャープから、スピーカー搭載のコンパクトカラー電子辞書「Brain」が登場。ラインアップは、旅行モデル「PW-AC11」およびTOEICテスト対策モデル「PW-AC21」の2機種。(2012/6/4)

広田稔のMacでいくなら(5):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(前編)
今回は「新しいiPadと一緒に使いたいアプリ30本」を紹介。前編では、ビジネス、マルチメディア、ライフスタイルの3カテゴリから15本を取り上げる。あなたのオススメは?(2012/4/25)

神尾寿のMobile+Views:
それは新しいカテゴリーへの挑戦――「GALAXY Note」の可能性を考える
Samsung電子が2011年に世界市場に投入した、5.3インチディスプレイとペン操作が特徴の「GALAXY Note」が、Xi対応スマートフォンとしてドコモからリリースされた。GALAXY Noteは、これまでのスマートフォンとは異なる新しいカテゴリーを作ろうとしている点が注目だ。(2012/4/17)

石野純也のMobile Eye(3月26日〜4月6日):
新ジャンルのGALAXY Note発売/シャープ×鴻海の相乗効果/通信の体感速度向上を目指すKDDI
3月26日からの2週間は、多くのニュースがモバイル業界を賑わせた。4月6日に発売された「GALAXY Note SC-05D」は、新たな市場創出を狙った意欲的なデバイス。シャープと鴻海(ホンハイ)グループの資本提携も緊急発表された。通信関連ではKDDIが4月10日から「EV-DO Advanced」を導入することも発表した。(2012/4/6)

CeBIT 2012 デジタル・ドライブ:
アウディがIT見本市で新型「A3」を初公開した理由
アウディは2012年3月上旬開催の「ジュネーブモーターショー」で、「Audi A3」の新モデルを発表したが、同じタイミングで開催された「CeBIT 2012」でもドイツ国内向けに初公開していた。IT関連見本市であるCeBITで新車を披露した目的は、同社の車載情報機器プラットフォームのアピールにあった。(2012/4/6)

ケータイのキー入力より集中力が78%アップ!:
「車載機器の操作はこれ1個でOK」、日本語対応の手書き認識タッチパッドが登場
米国の大手自動車部品メーカーであるTRW Automotiveは、各種車載機器の入力インタフェースとして利用できる手書き認識タッチパッドを開発した。米国メーカー製品というと英語認識しかできないイメージがあるが、漢字、ひらがな、カタカナといった日本語入力にも対応している。(2012/4/4)

手書き入力サポート、Kindle Touchで実現
手書き入力認識――さして珍しい技術でもないが、電子書籍リーダーではあまり採用例がなかった。そんな中、Puzzazzという企業がKindle Touchに手書き入力認識機能を授けるTouchWriteと名づけられた新技術を開発した。(2012/2/22)

タブレット+AV利用シーンの1つのカタチ:
「REGZA Tablet AT700」検証──REGZA連携と極薄ボディが美しい10.1型Androidタブ
おぉぉ、薄いっ。Androidタブレット元年と勝手に設定した2011年、12月10日に発売された東芝「REGZA Tablet AT700」は何が魅力か。デザインと使い勝手、そして他機種にはない“REGZA連携”機能をチェックした。(2011/12/29)

IFA 2011:
世界三大ノートPCベンダーがUltrabookで競演!
ドイツの家電イベントでIntelが提唱する「Ultrabook」が盛り上がっていたりする。薄くて軽くて高性能を実現する“最先端”ノートPCをまとめてチェックしよう。(2011/9/7)

Google日本語入力がアップデート リアルタイム変換や手書き認識追加
Google日本語入力の最新版は、入力中の文字の変換結果候補をリアルタイムに表示する機能や、文字パレット、手書き認識などが加わっている。(2011/7/21)

読めない漢字やハングルの辞書が引ける――中国語、ハングル語の手書き検索対応の電子辞書「Brain」2機種が7月15日発売
手書き認識で入力した中国語、ハングル語から日本語が引ける電子辞書が発売に。中国語搭載モデルとハングル語搭載モデルがそれぞれ用意される。(2011/6/28)

連載:WPF入門:
第10回 WPFの「入力イベントとアニメーション」を学ぼう
WPFでキーボードやマウス、スタイラス、マルチタッチなどによる入力を処理する方法と、アニメーションを実現する、ストーリーボードなどの各種機能を解説。(2011/3/1)

iPadが「これなら使える」――「7notes」に自信、MetaMoji浮川社長
iPadが「これなら使えるね」と確信したMetaMoji浮川社長。同社が2月3日に発売したiPad用デジタルノートアプリ「7notes(セブンノーツ)」である。(2011/2/3)

Smartia開発者インタビュー:
「Androidやクラウドを意識させず」新たなネット生活シーンを提供──NECビッグローブ+Smartiaの戦略を聞く
Androidやクラウドなどと細かに言うより“多くの人が手軽に利用できる新しいインターネット機器”を目指したという「Smartia」。改めてSmartiaとは何か、NECビッグローブのSmartia開発チームに話を聞いた。(2010/12/22)

“Windows+Palm”タブレットでiPad追うHP
HPが2011年初めに、Palm webOS搭載のタブレットを投入する。webOSの機能に加え、業務用とはいえ何年もタブレットを手がけてきた経験のある同社なら、iPadに対抗できるかもしれない。(2010/8/27)

ACCESS、OHAに加盟――Androidに対する取り組みを本格化
ACCESSが、Androidの開発を推進するOHAに加盟。ワンセグや赤外線など、日本特有のサービスを利用可能にするアプリをAndroid向けに提供する。(2010/7/29)

2010年、真の「モバイルPC元年」到来:
PR:モバイルノートPCにこそ最適な「Windows 7」、その魅力に迫る
最新WiMAX内蔵PCには、マイクロソフトの最新OS「Windows 7」がプリインストールされている。その完成度は評価版の段階から評価が高く、モバイルノートPCにこそ、Windows 7を利用するメリットは大きい。Windows 7の魅力を「10のポイント」に分けて紹介していこう。(2010/7/20)

これならポケットに入る!?:
388グラムのキーボード搭載ミニPC――「Viliv N5」徹底検証
個性的なタッチパネル付きミニノートPCを多数投入している「Viliv」の新モデルは、ハードウェアキーボード搭載で約388グラムというコンパクトボディが魅力だ。(2010/6/28)

USB 3.0+SDXCにも対応:
迷ったらこれ買っておけば?──16型ワイドの“より鮮やか”液晶に進化したオールインワンA4ノートPC「LaVie L」
NECの主力ノートPC「LaVie L」が、“より鮮やか”な16型ワイドの液晶ディスプレイやUSB 3.0を備えて進化した。改めてデザインや使い勝手、パフォーマンスをチェックする。(2010/5/25)

身近な誰かにちょうどよい:
“普段着”のようなノートPC──新シリーズ「LaVie S」の実力チェック
省電力なLED液晶と手ごろなサイズ感、意外におしゃれなカラー。NECのベーシックA4ノートPC新シリーズ「LaVie S」の“見た目”と使い勝手をチェックした。(2010/5/20)

Intel、「Classmate PC」の新デザイン 電子書籍リーダーにも
Intelの子供向けの低価格ノートPC「Classmate PC」は、タブレット型に変形して、電子書籍リーダーとしても使える。(2010/3/4)

960グラム/5.1時間駆動:
5万円台のマルチタッチ対応ミニノート――「Eee PC T91MT」をいじり倒す
今度のEee PCはいつもと大きく違う。約960グラムの軽量ボディにタッチパネルやワンセグチューナーを搭載し、携帯性と多機能を両立しているのだ。早速、試してみよう。(2010/2/26)

最高キーボードのThinkPad T400sはマルチタッチも最高?
「最高のキーボード」を搭載したThinkPad T400sにはタッチパネル搭載モデルもある。Windows 7で対応したマルチタッチの使い勝手はキーボードを超えるのか?(2010/2/18)

今日のアプリ第501回:仕事効率化:
手書き認識で読めない文字でも入力できる「Handwriting Notes(手書きメモ)」
「Handwriting Notes(手書きメモ)」は、iPhoneに標準搭載されているメモアプリのUIを踏襲しつつ、手書き文字認識機能を備えたアプリです。読みが分からない漢字の入力などに重宝しそうです。(2009/12/24)

Appleがペン入力特許出願 Macタブレットで使用?
Appleがペン入力に関連する特許を出願している。うわさのMacタブレット用の技術かもしれない。(2009/11/16)

Windows 7 交響曲:
Windows 7の進化をコントロールパネルで見る
各種設定をカスタマイズするのに欠かせないWindowsのコンパネ。Windows 7では項目が整理され、便利な新機能も加わった。XP、Vistaと比較しながらチェックしていこう。(2009/11/12)

それでも9万円台:
CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(前編)
日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」は13.3型ワイドの液晶ディスプレイと“メタル”なボディが特徴のノートPCだ。今回は“CULVでは物足りない!”と思うユーザーに向けた、9万円台の標準電圧版CPU+外部GPU搭載モデルを試した。(2009/11/6)

Snow Leopardのここに注目:
これは便利! 「Snow Leopard」を実際に使って感じた新機能“トップ20”
ついにSnow Leopardの発売された。深夜販売で購入した人はさっそくインストールを始めた人もいるころだろうか。ここでは筆者が1週間Snow Leoaprdで作業し、日常的に使う中で気に入った新OSの変更点をランキング形式で紹介していこう。(2009/8/28)

App Town 教育:
手書き認識対応のiPhone向け英語学習アプリ――「カク★英単語【入門】」
苦手な単語は“書いて”覚える――。アルクが手書き認識対応の英語学習アプリ「カク★英単語【入門】」をリリースした。(2009/8/21)

MSIの“ボード”Nettopは大画面でドライブ内蔵──WindTop AE1900はどれだけ使いやすい?
このところ、スタイルを重視したNettopが人気だ。“ボードのような”Eee Topに続いて、“ボードのような”MSIのAE1900が登場した。そのアドバンテージを紹介しよう。(2009/7/8)

海外で人気のギガバイト「Booktop」が、いよいよ日本上陸
日本ギガバイトは、日本市場に投入する「Booktop」「TouchNote」の説明会を行い、両モデルの特徴を紹介したほか、秋に登場する予定の軽量ノートも披露した。(2009/7/6)

WWDC 2009現地リポート:
Macを未来へと前進させる低価格化戦略
WWDC 2009の基調講演の様子を、直後に行われたインタビューの内容を交えながら振り返ってみる。まずは新型「MacBook Pro」と次期Mac OS X「Snow Leopard」編だ。(2009/6/11)

Atom搭載の低価格ボードPC:
Netbookよりいいかもしれない――「Eee Top」をいじり倒す
PCを持ち歩かないユーザーは、安いからといってNetbookに飛びついても、その恩恵を十分に受けられないだろう。では、据え置き型の「Eee Top」はどうだ?(2009/4/29)

Windows 7では、IE 8がオプションに
Windows 7では、IE 8やWindows Media Playerを使用するかどうかは、ユーザーの意思に任されることになりそうだ。(2009/3/7)

Macworld Conference & Expo 2009:
アップル創業者が黒いタブレットMacを発表
Macworld Expoの初日、展示会場はアップル創業者のスティーブによる新しいタブレット型Macの発表で沸き立った。日本語対応の手書き文字認識も搭載。(2009/1/8)

富士通謹製UMPC再び:
Atom搭載「LOOX U」の進化ぶりを写真でじっくり解説する
富士通のコンバーチブル型UMPC「FMV-BIBLO LOOX U」は、Atom搭載機でもNetbookとは一味も二味も違う。新旧比較を交えつつ、写真とともにじっくりチェックする。(2008/8/22)

勝手に連載!「海で使うIT」:
Atom搭載TOUGHBOOKで濃霧の伊豆諸島から生還せよ
防じん防水ノートPCで電脳航海を極めようという超私的なこの企画。しかし、今回はいつにも増して「危険な航海」となったようだ。(2008/7/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。