ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高速電脳」最新記事一覧

パーツショップ栄枯盛衰(後編):
写真で見るアキバ10年史
自作の街・アキバはこの10年でどんな変化を遂げたのか。街のキーポイント18カ所の変遷を追いかけてみよう。とにかく、写真とキャプションで。(2013/3/19)

パーツショップ栄枯盛衰(前編):
まだオレらのホームだった「電車男」以前――自作PCの街アキバを振り返る
映画「電車男」がヒットした2005年。街の再開発が進み、思えばそのころから“自作の街・アキバ”の空気が変わっていった。当時の空気感を写真とともに振り返ってみよう。(2013/3/14)

2008年ニュース総括:
PC USERニュース担当者がPC業界をなんとなく振り返る
2008年はやれ不況だの何だのと、例年以上にハプニングが多かった気がします。そんな中で、特に気になったPC業界の事柄を私的にランキングしてみました。そこ、いまさらとか言うな。(2009/1/22)

5分で分かった気になるアキバ事情:
「ちょっと違う街」になった2008年の秋葉原――街編
秋葉原の大規模な再開発事業とPCパーツ市場を取り巻く環境の変化により、電気街は大きな影響を受けた。その流れの中で姿を消していった老舗PCパーツショップもある。前編に続き、後編では2008年に起こった街の変化を追っていく。(2009/1/5)

PC USERベスト100:
Netbook、Air、Core i7など今年もいろいろありました――08年PC記事ランキング
今年1年、PC関連で最も読まれた記事は何か? ITmedia +D PC USERの年間記事別アクセスランキングとともに2008年の重大ニュースを振り返る。(2008/12/31)

ツクモショック再び……:
九十九電機各店が営業を一時中断、NECリースの差し押さえで
民事再生法の適用を申請した10月30日以降、復調の兆しが見えていた九十九電機各店が突然営業中断となった。TSUKUMO eX.前にはトラックと運送業者であふれている。(2008/11/21)

ツクモ破たんの波をかぶった電脳メイドさん 「ARis」のベンチャー「高い授業料払った」
「電脳フィギュア ARisを取り扱いたい」と真っ先に声をかけてきたツクモが経営破たんした。ARis開発元の社長は「高い授業料を払ったと思ってポジティブに頑張っていく」と話す。(2008/11/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
“ツクモショック”で消えたアキバ電気街の楽観視
九十九電機のニュースは、秋葉原のPCパーツ店に少なからぬ動揺を与えている。近隣ショップには「ウチは大丈夫です……と、言うように指示されてる」と語る店員もおり、電気街の将来を不安視する声は少なくない。(2008/11/1)

負債総額110億円:
「明日は我が身ってね」――アキバ老舗中の老舗、九十九電機が民事再生手続きへ
九十九電機が民事再生法の適用を申請した。店舗は今も営業中だが、本社事務所のあるビルには債権者が集まっている。アキバの近隣パーツショップは、今回の件について「明日は我が身」と語る。(2008/10/30)

ASCII×ITmedia アキバ対談(前編):
電気街が“萌え”た日、そこには等身大の綾波レイがいた
ASCII.jpとITmediaのアキバ系ライターが対談を実施。ここ10年に起きた秋葉原の変化や今後の動向を再確認し、マスメディアが報じるアキバの風景に修正を入れる。(2008/7/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「“狭く深く”じゃ生き残れない」――USER'S SIDE閉店で
USER'S SIDE秋葉原本店がまもなく閉店する。各ショップからは「さびしい」の声が聞こえるが、そこには“なんとなく分かっていたけどね”感が漂っていた。(2008/4/7)

アキバ老舗ショップがまた1つ…:
USER'S SIDEが閉店へ――在庫を40〜60%引きで販売中
USER'S SIDE 秋葉原店が4月15日をもって閉店する。USER'S SIDE創業時から同店を支えてきた小林氏がその心境を語った。(2008/4/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
激動のアキバに一輪の造花を
旧正月真っ直中、でも魅力的な新製品が登場するアキバ。中央通りには大手PCパーツショップの看板が新たに掲げられた。(2008/2/11)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情:
1年前を振り返ることが多かった1月のアキバ
Vista発売1周年を迎えた1月のアキバ。去年より気温が寒い中で新型Core 2の深夜販売を決行するなどイベントも多かった。老舗パーツショップの閉店もあった。(2008/2/7)

古田雄介のアキバPickUP!:
高速電脳の閉店で各ショップが考えること
新製品が少ない旧正月シーズンに突入したこともあり、電気街の話題は高速電脳閉店のニュースが中心。しかし、意気消沈しないところがアキバの強いところ!(2008/2/4)

アキバ百景 Vol.10:
電波建物
アキバには名所や名物が溢れている。メイドさん? おでん缶? いえいえ、それだけではありません。今回は“第4電波ビルの秘密”に迫ります。(2008/2/1)

業界の反応は……:
「げ! マジで!?」――高速電脳の閉店に周辺ショップも絶句
2008年1月31日、秋葉原の老舗パーツショップ「高速電脳」が事実上倒産した。奇しくもこの日はPC-Successが倒産したちょうど1年後にあたるが、突然の出来事に周辺ショップは驚きを隠せない。(2008/1/31)

突然の閉店:
アキバの老舗パーツショップ「高速電脳」が“事実上の倒産”
秋葉原のパーツショップ「高速電脳」が突然閉店した。入り口は閉ざされ、貼られた告示書には1月31日付けで「事実上の倒産」の文字。(2008/1/31)

負債は約2億円:
高速電脳、店舗閉鎖
老舗のPCパーツショップで、パワーユーザーから絶大な支持を得ていた「高速電脳」が店舗を閉鎖、店頭の告知書には「事実上倒産」と記載されている。(2008/1/31)

古田雄介のアキバPickUP!:
「もう元旦も休めないっす」――アキバの正月シーズンは絶好調
正月休みを返上するショップが年々増えており、2008年のアキバは連日大にぎわいを見せている。さすがに新製品はほとんどないが“おいしい”商品を多数発見した。(2008/1/6)

2007年アキバ総括 PCパーツ編:
Vista、というより、クアッドコア元年だった2007年
Windows Vistaの発売で幕を開けた2007年。1年間のPCパーツ事情を、OS、CPU、チップセット、グラフィックスカードの順に振り返る。(2007/12/31)

古田雄介のアキバPickUP!:
“鏡音さん”の入荷に複雑な表情を浮かべるショップ店員
「Phenom 9600 Black Edition」や「鏡音リン・レン」など、年内発売予定の有名どころがすべて登場しきった今週のアキバ。すでに年始に向けた準備も始まっている。(2007/12/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバに10万円超のパーツが続々、ボーナスの使い道は?
GeForce 8800 GTとRADEON HD 3780の人気が過熱する中、アキバのショップでは10万円を超えるパーツの入荷や再入荷も増えている。すでにボーナスシーズンに突入しているのだ。(2007/12/9)

5分で分かった気になる、10月のアキバ事情:
大型店舗もパーツショップも、バージョンアップ中のアキバ
10月のアキバは、フェイスグループと石丸電気グループが大幅リニューアル。PCパーツでは、X38マザーが出回るようになり、ハイエンドユーザーの注目を集めている。(2007/11/2)

古田雄介のアキバPickUP!:
「家電街としてのアキバを再び」――南秋葉原で石丸電気が生まれ変わる
10月26日に、改装工事をしていた石丸電気グループが全店オープンを果たした。アキバ南部に点在する赤い看板には、家電ショップとしての自負が込められている。(2007/10/29)

古田雄介のアキバPickUP!:
X38マザーの“解禁Xデー”は10月10日という噂
まもなくの登場が噂されるX38マザーは、実はすでにアキバ各ショップに入っていた。“ギュンギュン冷えるわよ”のイラストが描かれた「超高性能」なCPUクーラーにも注目。(2007/10/7)

古田雄介のアキバPickUP!:
ゲーマーズマウスの覇権争いが激化する予感
デザインを大幅に変えたロジクールのゲーマーズマウス「G9」が登場。発売日未定のMS「サイドワインダー マウス」との覇権争いが注目されている。(2007/9/25)

古田雄介のアキバPickUP!:
アキバ史に残るか? 2007年初秋――大型店舗の「明」と「暗」
9月6日にソフマップタウンの軸となる「ソフマップ秋葉原本館」がオープンし、台風9号の影響にも関わらず長蛇の列ができた。一方、ザ・コンと石丸電気各店は閉店セールを実施している。(2007/9/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
「円高のときがチャンス」――1GバイトのPC2-6400メモリが4000円割れ
値上がりが続いていたメモリの価格が、円高傾向により再び安くなってきた。今週のアキバは、Athlon 64 X2 6000+の新モデルやSantaマザーなど、注目アイテムも盛りだくさん。(2007/9/2)

古田雄介のアキバPickUP!:
アキバに並んだ季節はずれの福袋に、PC-Successの影
フェイスアキバ店が店頭に福袋を並べている。この季節になぜ?……そのウラには忘れかけていたPC-Successの影があった。(2007/7/9)

古田雄介のアキバPickUP!:
「AMDの責任者出てこい」――CPU価格改定でショップから怨嗟の声
アキバでAthlon 64 X2絡みの安売りキャンペーンが実施された背景には、価格改定情報のリークがあった。身銭を切らされる小さなPCパーツショップの多くから、AMDへの不満が漏れる。(2007/6/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
台北からアキバに吹く熱い風は……「まだ微風っぽい」
COMPUTEX TAIPEI 2007で注目を集めたIntel 3シリーズ搭載マザーがアキバに出回っている。しかし、売れ行きは話題性と比例していない様子……。(2007/6/11)

古田雄介のアキバPickUP!:
ATX型690Gマザーの次は“サンタマザー”入荷の噂
先週の噂どおりATX型のAMD 690Gマザーが登場。さらにインテルの新チップセットを搭載したマザーが近々出回るとの情報をキャッチした。“扇風機”を内蔵したPCケースも。(2007/5/26)

古田雄介のアキバPickUP:
連休中の秋葉原に“2枚めの鉄板”マザー
秋葉原はゴールデンウィーク中も新製品ラッシュがとまらない。休む間もなく働く店員さんをさらに忙しくさせる、AMD 690G対抗の“鉄板”マザーが5月3日から出回り始めた。(2007/5/5)

古田雄介のアキバPickUP!:
出足ゆっくりのGeForce 8600/8500――人気は8600 GTのOCモデル?
NVIDIAのミドルレンジ向け新GPU「GeForce 8600/8500」を搭載したグラフィックスカードが一斉に発売された。あまりのラインアップの多さに、ショップも混乱気味。(2007/4/23)

古田雄介のアキバPickUP!:
IntelとAMDの値下げ競争がいよいよ激化?――Ultimate α+がいま登場するワケ
以前からささやかれていたCPUの大幅価格改定がいよいよ始まると噂になっている。その時期を探る鍵は、先週からアキバで予約発売が始まったUltimate α+にあるらしい。(2007/4/9)

古田雄介のアキバPickUP!:
「ちょい下は売れない」の法則――680i LTマザーが苦戦
nForce 680i LTマザーが複数のショップに入荷したものの、出足はイマイチ。原因はやはり価格? 一方、アキバに咲く高嶺の花「1TバイトHDD」も、いまだ摘む人は少ないようだ。(2007/4/2)

週末アキバPickUP!:
「Vista特需は終わったっぽい」――CPU値下げの噂でブレーキか
ギガバイトからn680iマザーが登場するもその数は僅少、マザー市場でASUSTeKの巨人化を浮き彫りにしている。一方、“Vista特需”はすでに終わったという噂も……。(2007/3/12)

5分で分かった気になる、2月のアキバ事情:
「Vista特需って……やっぱり、あったんですね」――久々の好景気に沸く2月のアキバ
空回り気味との噂も流れるWindows Vistaだが、アキバのPCパーツショップは、Vista発売直後に売り上げが伸びたと口をそろえる。このほか、AMDが続々と新CPUを投入し、Core 2 Duoからのシェア奪回に燃えるなど、旧正月シーズンながら話題の絶えない月となった。(2007/3/1)

週末アキバPickUP!:
「AMDに軽いジャブを打ち込まれた感じ」――やや困惑気味のショップ
Athlon 64 X2 6000+とともに、旧製品よりも少しだけ安く買える新型の5000+が登場。Vistaの新機能が堪能できる高付加価値な「Vista Edition」マザーも出回り始めた。(2007/2/26)

週末アキバPickUp!:
苦節2年、ようやく登場した、のございます
静音でよく冷える水冷キットの金字塔「Reserator」の新モデルがようやく登場。CPUはAthlon 64 X2に価格改定が入り、6000+が20日に入荷するとの噂が囁かれている。(2007/2/19)

週末アキバPickUP!:
「ウチは大丈夫」――アキバの中古ショップがなくならないワケ
PCショップの閉店や規模縮小が続く中、老舗の「ネットサイクル」(元・超級電脳)が店舗の移転を発表。もしや……と不安がよぎったが、店長は自信に満ちた表情で「ウチは大丈夫」と語った。(2007/2/12)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情
1月30日にWindows Vistaが発売され、アキバは新しい時代の幕開けを迎えた。CPUは“クアッド”をキーワードにIntelとAMDが新モデルをリリース。一方で、街から姿を消すショップも2店……。(2007/2/3)

週末アキバPickUP!:
IntelとAMDの新CPUがまもなく登場――開戦5秒前!?
OC耐性の強いマザー「COMMANDO」が好調に売れ、登場間近の新しいAthlon 64 X2を使ったデモも始まった今週のアキバ。キーワードは「COMMANDO」「CrossFireパック」「直挿し」「Athlon 64 X2 5600+」だ!(2007/1/21)

週末アキバPickUP!:
アキバにようやく訪れたVista特需――まずは大容量メモリから
いよいよ発売が迫るVistaの影響は、まずはアキバでメモリの売れ行きに現れた。今週のキーワードは「Vista時代もAGPで」「Core 2 Quad」「チェリー黒軸」「1ギガ2枚セット」だ。(2007/1/15)

Vistaの足音が聞こえてきました:
5分で分かった気になる、11月のアキバ事情
GeForce 8800 GTX搭載カードや、クアッドコア内蔵のCore 2 Extreme QX6700が登場するなど、コンシューマー向けマシンの限界を押し上げる高性能なパーツが立て続けに登場した11月。街が徐々に“Vista色”に染まっているのも見逃せない。(2006/12/5)

週末アキバPickUP!:
「8800 GTX」品薄の背景、出荷レースを制したのは――
「GeForce 8800」を搭載したグラフィックスカードがアキバの店頭に一斉に並んだ。上位のGTXは品薄状態だが、その背景には大量のリコールがあった。今週のキーワードは「GTX品薄の理由」「お勧め電源」「nForce680i」だ!(2006/11/10)

週末アキバPickUP!:
ゆるゆるなATI 箝口令を敷くNVIDIA
ハイミドルな価格ながらハイエンド並の性能を誇るGPU「RADEON X1950 XT」が登場した。また、AMD系マザーではチップセットを統合したモデルが人気を集めている。今週のキーワードは「X1950 XT」「南北統合」「FOX ONE」「ど派手ファンコン再び」だ!(2006/11/6)

今すぐ使えるアキバワード Vol.21:
笊化【ざる−か】
アキバのPCパーツショップでは、聞き慣れない単語を耳にすることがある。製品や規格の略称、店員同士の隠語、ちょっと“通”な注文の仕方など。そんな「アキバワード」をチェックする。(2006/10/30)

週末アキバPickUP!
アンディが秋葉原のサムライマスターに、って誰!?
ワンセグチューナー「ちょいテレ」が大ヒットし、RADEON X1950 PRO搭載カードが登場した先週のアキバ。冷却パーツのニューフェイスも多数発見した。今週のキーワードは「その名はANDY」「ワンセグ大人気」「SLIっぽいCrossFire」「静音だけどオーケストラ」だ!(2006/10/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。