ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マイケル・デル」最新記事一覧

関連キーワード

トランプ大統領、相次ぐメンバー退会を受け、2つの助言組織を閉鎖
トランプ米大統領は、シャーロッツビル事件への対応に懸念を表明して複数のメンバーが退会したことを受け、米大手企業のCEOを集めた2つの助言組織「米国製造業評議会」および「戦略・政策フォーラム」を解散するとツイートした。(2017/8/17)

IntelのクルザニッチCEO、シャーロッツビル事件をめぐり大統領助言委員会を離脱
Intelのブライアン・クルザニッチCEOが、ドナルド・トランプ米大統領の助言委員会「American Manufacturing Council」を退会した。バージニア州で極右が反対派を殺傷した事件を受けて「分断した米政治情勢の深刻な事態に注意喚起するため」としている。(2017/8/15)

巨大なITベンダーというだけなのか:
5年後のDell Technologiesについて、Dell氏に直接聞いた
デルとEMCグループの統合により、Dell Technologiesという巨大なITインフラベンダーが誕生した。だが、巨大だというだけなのか。今後どんな企業グループになることを目指しているのか。トップであるMichael Dell氏に、直接たずねた。(2017/5/26)

創業以来のビジネスの中核:
デルがインサイドセールスを大幅増員、その組織と業務を紹介
デルは2017年4月26日、中堅企業向けのインサイドセールス(内勤営業)を大幅に増員すると発表。業務の内容や組織体制、求められる人材像などについて責任者が語った。 (2017/4/27)

RSA Conference 2017レポート:
鍵は「可視化」──RSAが推進する「ビジネスドリブンセキュリティ」の狙い
RSAが同社の年次イベント「RSA Conference 2017」で幾つかの製品の機能強化を発表。コンセプトとして示した「ビジネスドリブンセキュリティ」の意図を軸に、キーパーソンが企業の重要課題として今後推進すべきセキュリティ対策の方向性を提言した。(2017/2/28)

「RSA Conference 2017」基調講演レポート
Dell創業者も賛同、今「協調型セキュリティ」が必要な理由
RSA Securityのズルフィカー・ラムザン最高技術責任者(CTO)は「RSA Conference 2017」の基調講演で、協調型セキュリティに関する判断が及ぼす影響について強調した。(2017/2/22)

RSA Conference 2017レポート:
ITがBT(Business Technology)となる時代に必須なのは「セキュリティ」
2017年2月14日から米国サンフランシスコで「RSA Conference 2017」が開催されている。基調講演は、サイバーセキュリティがテクノロジーだけでなく、ビジネスや政治にまで影響を及ぼしている事実を背景にした内容となった。(2017/2/16)

Maker's Voice:
マルウェアがIoTに矛先を変える理由――米Cylance副社長の見解
マルウェア対策製品を手掛ける米Cylanceのジョン・マクラーグ副社長は、マルウェア対策が事後対応型から事前予測型に移行していくと語る。それに伴う脅威の変化についても予測した。(2017/1/17)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

DELL EMC World 2016:
「デジタルの恐怖にどう立ち向かうか」──8兆円のEMC買収劇でマイケル・デルCEOは何を語ったか
DELLがEMCを買収し、DELL EMCとなってから初めての年次カンファレンスが米オースティンで開催された。マイケル・デルCEOが語る“Dell Technologies”の未来とは?(2016/10/21)

「企業のデジタルトランスフォーメーション」をいかに支援するか:
Dell EMC、Dell EMC Worldで一連の新製品/ソリューションを多数発表
米Dell EMCが、年次イベント「Dell EMC World 2016」を開催。企業のクラウドモデルへの移行、ソフトウェア開発力の強化、イノベーションの加速、データ分析の活用などを支援する一連の製品やソリューションを一挙に発表した。(2016/10/21)

Vmwareにも影響か
巨大ベンダーDell EMCに寄せられる期待と懸念、製品ラインアップはどうなる?
Dellが600億ドル以上を投じたEMC買収により、Dell EMCという巨大なストレージベンダーが誕生した。新会社に関してはユーザーから期待と懸念が寄せられている。(2016/9/14)

結局クラウド戦略はどうなった?:
米デル、EMCの買収完了であらためて考える、新会社の存在価値とは
デルによるEMCの買収が2016年9月7日(米国時間)に完了し、売上740億ドルのIT企業グループが誕生した。新組織は、デル テクノロジーズの傘下にDell Inc.が誕生し、デルとEMCの法人ビジネスは統合されてその事業部門になる。新生デル テクノロジーズの存在価値はどこにあるか。幹部の発言から追った。(2016/9/9)

Dell、EMCの買収完了で「Dell Technologies」誕生 EMCは「Dell EMC」に
Dellが、総額670億ドルのEMC買収を完了し、Dell Technologiesを設立した。EMCはDell EMCとなり、VMwareなどとともにDell Technologies傘下の独立子会社になる。(2016/9/8)

採用の決め手は“ネットワーク仮想化に関する知識とノウハウ”:
PR:クラウドデータセンター先駆者も驚いた! 次世代クラウドサービス基盤構築プロジェクトに見る「デルの真価」
今年の5月にデル創業者であるマイケル・デルが、EMCおよびそのグループ企業と共にDell Technologiesという企業グループを今後設立することを発表し、ハードウェアからソリューション、サービスまでをワンストップで提供できるデル。サーバやネットワーク機器といった物理レイヤーの強みに、仮想環境構築やクラウドサービス管理といった仮想レイヤーの強みが“統合”されることで何が生み出されるのか。2015年に「Software-Defined Data Center(SDDC)」アーキテクチャを全面採用した次世代クラウド基盤「Next Generation EASY Cloud」を開始したアイネットのプロジェクトから、“デルの真価”を探る。(2016/8/26)

独占ロングインタビュー:
元三井物産情シスの「挑戦男」、黒田晴彦氏が語るAWS、情シスの役割、転職の理由
三井物産で、IT推進部の副部長およびチーフITアーキテクトを務めてきた黒田晴彦氏が転職した。@ITではこれまで数々の最新IT技術にチャレンジしてきた同氏に、情報システム部のあり方や、今後やろうとしていることについて聞いた。(2016/8/16)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

Dell、EMC買収完了後の社名は「Dell Technologies」に
ラスベガスで開催の「EMC World 2016」の基調講演に登壇したDellのマイケル・デル会長兼CEOは、EMC買収完了後の計画について語り、新しい社名を「Dell Technologies」とすると発表した。エンタープライズ向けサービスは「Dell EMC」ブランドで提供する。(2016/5/3)

ユーザー中心のIT
誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC
斜陽のPC市場で活路を見いだそうとしているPCメーカー。各社は実際のユースケースを基に、PCに新たなイノベーションを起こそうとしている。(2016/4/22)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:EMCの買収でDellに何が起きる?
巻頭特集は、Dellのマイケル・デルCEOインタビュー。EMCを買収したデル氏の本音を直撃。EMCとDellの統合はうまくいくのか? 他にパスワード廃止に向けてさらに前進したFIDO標準の現状、オブジェクトストレージ導入事例、企業の生産性が向上しない理由などの記事をお届けする。(2016/2/1)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/30)

激動の2015年を経て
これだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方
EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。(2016/1/27)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/24)

495億ドルの負債をどうするのか?
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/18)

オールフラッシュ軸に進む業界再編
ストレージ業界で何が起きているのか? 巨額買収だけではない大激変の“予兆”
2015年はデータストレージ業界にとって変化と新技術に富んだ1年となったが、中でも最大のディスラプション(創造に向けた破壊)は米Dellによる670億ドルでの米EMCの買収だった。(2016/1/14)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2016年に起きるPC市場の“二極化”とは?
2016年からはPC業界内で3種類のグループが大きな動きを見せ、結果的に市場の二極化が進むと予想される。(2016/1/1)

クラウドサービスの新会社についても聞いた:
ゲルシンガー氏が語った、デルによる買収でヴイエムウェアがこれまでと変わらない理由
「デルによる買収で、これまでと変わることはない。ヴイエムウェアにとってポジティブなことしかあり得ない」。VMware vForumのため来日した米ヴイエムウェアのCEO、パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は、少数の記者による質問に応じ、こう語った。クラウドサービスの新会社についても聞いた。(2015/11/11)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

頭脳放談:
第185回 DellのEMC買収でこの先起こること
Dellが、ストレージ大手のEMCを買収するという。統合の結果、IT業界の五指に入る企業規模になるようだ。統合後、Dellの創業ビジネスといえるパソコン事業にも手が入ることになるのだろうか?(2015/10/28)

テクノロジー業界最大の買収:
デルがEMCを買収で株式を非公開化へ、その背景と今後の展開は
米デルは2015年10月12日(米国時間)、同社の米EMC買収について最終的な合意に達したことを発表した。デルは従業員7万人の企業を飲み込むことになる。この、テクノロジー業界最大の買収の背景は何か。今後の展開における注目ポイントは何か。(2015/10/13)

ソフトウエア指向はさらに強化されるか:
米デル、米EMCの買収を正式発表
ハードウエア企業2社がソフトウエア定義型データセンター時代のリーダーシップを狙う。(2015/10/13)

Dell、EMCを約670億ドルで買収と正式発表
Dellがストレージ大手のEMCを約670億ドル(約8兆円)で買収することで合意したと正式に発表した。(2015/10/12)

まずは北米。日本は未定:
DELL、Surface Proの取り扱いを10月から開始
DELLが取り扱いを開始するSurface Proでは、DELL製品と同じサポートを受けることができる。(2015/9/9)

顧客視点でのソリューションビジネス拡大へ:
「脱PCメーカーとして突き進むデル」――前ベライゾンの平手氏が社長就任
デルが新社長就任の記者会見を実施。日本アイ・ビー・エムやベライゾンジャパンで経験を積んだ平手智行氏が新社長に就任する。(2015/7/24)

撮影してからピント合わせが可能:
3Dカメラと美しい有機ELを備えた“世界最薄”Androidタブレット――「Venue 8 7000」徹底検証
デルの「Venue 8 7000」は、高精細な8.4型有機ELディスプレイ、撮影後にピント合わせができる3Dカメラを搭載し、6ミリ厚という世界最薄ボディに仕上げたAndroidタブレットだ。その実力をチェックする。(2015/3/25)

Computer Weekly:
HPの分社化をアナリストたちが総攻撃「HPは5年以内に立ち行かなくなる」
米HPが2社に分社化すると発表した。この施策は、これまで同社の企業再生計画の中で明言されていたものではなく、企業やコンシュ―マーがITを購入する方法が変わってきたことに対する、より現実的な対応だ。(2014/11/19)

IDF14 San Francisco:
「Skylake」が動いた! IntelがIDF14で次期アーキテクチャの動作デモを初公開
登場時期は2015年後半になるという。(2014/9/11)

トップインタビュー:
ITソリューション企業の地位確立に向けた3つの戦略 デル・郡社長
昨年秋に非公開企業になったデル。今年は「ゲームチェンジ」をテーマに、ソリューションプロバイダーとしての存在感を増していきたい考えだ。デル日本法人の郡信一郎社長に具体的な取り組みを聞いた。(2014/4/3)

デスクからデータセンターへ:
「ワークステーションの仮想化」を推進するDell
Dellが注力するワークステーション事業の核となるキーワードが「仮想化」だ。テキサス州ラウンドロックのDell本社からリポートする。(2014/3/13)

DellとDropboxが提携 ビジネス版DropboxをDellが販売
Dellはデータ保護ソリューションをDropbox for Businessに統合し、販売網を通じて企業に提供する。(2013/12/13)

「顧客に選択肢と柔軟性を提供」:
米デル、レッドハットOpenStackをOEM、Windows AzureとGoogle Cloud Platformを提供
米デルは12月12日(米国時間)、米レッドハットのOpenStackディストリビューションのOEM提供、および米マイクロソフトのWindows Azure、米グーグルのGoogle Cloud Platformの提供について発表した。プライベートクラウドについては将来に向けてOpenStackを推進し、パブリッククラウドについては主要なクラウドサービス事業者と幅広く連携、同社が提供する管理ツール「Dell Cloud Manager」でこれらを統合管理できる環境を提供していく。(2013/12/13)

Windowsタブレット以外は?
脱PCメーカーを目指す新生Dellはモバイルで勝負
数カ月にわたる交渉の末、米Dellは再び非公開企業となることに成功した。しかし、デバイスとITサービスのプロバイダーとして成功を納める道は、長丁場になりそうだ。(2013/10/16)

Dell、XPSシリーズのWindows 8.1搭載Ultrabookを発表
LBOでMicrosoftから20億ドルの融資を受けるDellが、Windows 8.1搭載のUltrabookを2機種、ノートPCを1機種、タブレットを2機種発表した。(2013/10/3)

Dell、「Venue」ブランドのAndroidとWindows 8.1タブレットを発表
非公開化のめどが立ったDellが、7インチ〜11インチの4台のタブレットを発表した。Windows 8.1だけでなく、一度は手を引いたAndroidモデルも発売する。(2013/10/3)

Dellの株式非公開化、臨時株主総会で承認
Dellは10月末までに非公開化を完了し、マイケル・デルCEOの下でITソリューション企業としての再生に取り組む。(2013/9/13)

PCベンダーの生き残り策は?
2013年第1四半期のPC出荷台数激減をアナリストとベンダーが分析
経済的圧力、大規模なIT更新の見合わせ、タブレットの台頭により、PC業界は危機的な状況に陥っている。PCベンダーは生き残りを賭けた対策が求められている。(2013/6/13)

FacebookのザッカーバーグCEO、“従業員からの支持率調査”でトップに
米キャリア情報サイトGlassdoorの「従業員が最も評価するCEOトップ50」で、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが首位を獲得した。Googleのラリー・ペイジ氏は11位、昨年のトップだったAppleのティム・クック氏は18位だった。(2013/3/18)

Forbesの世界長者番付、FacebookのザッカーバーグCEOは66位
Forbesの2013年版世界長者番付で、IT関係者でトップ10にランクインしたのは2位のMicrosoftのビル・ゲイツ会長と5位のOracleのラリー・エリソンCEOだった。(2013/3/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。