> レビュー 2003年5月27日 03:00 PM 更新

IXY DIGITALシリーズの“完成品”
キヤノン IXY DIGITAL400(1/3)

製品写真
総合評価9
デザイン・ユーザーインタフェース8
基本性能9
各種機能8
機動力7
メンテナンス性6
レイティングポリシー

評価のポイント

デザイン・ユーザーインタフェース

     長年続いたIXY DIGITALもとうとうフルモデルチェンジかと思わせるほど新しくなったボディは、上下が丸みを帯びてかなりモダンな印象に様変わりしている。これといった個性があるわけではないが、すっきりしてよくまとまったデザインといっていいだろう。背面も親指が当たるところが空いていてすっきり納まり、凹凸がない割りにはグリップもしやすい。基本ユーザーインタフェースもPowerShotシリーズなどとほぼ統一され、さまざまな機能を呼び出しやすくなった。安心して使えるカメラ臭いカメラの代表だ。

基本性能

     フルオート系コンパクトクラスでは最高クラスの画質。従来と同じボディながら36〜108mm(35mm換算)と使いやすいレンジの3倍ズームレンズを搭載し、1/1.8型400万画素とワンランク上のCCDを搭載している。CCDが大きいこととキヤノンの技術が相まって、暗部でもノイズが非常に少なく、明るいところでは色が鮮やかで見栄えがするし、ディテールもそれなりに出ているというクラストップレベルの画質を実現している。特に記憶色を重視した青や緑に鮮やかさは目立つ。

     ホワイトバランスや露出のヒット率も高い。ただし、白熱灯など赤めの光源下では照明の雰囲気を残すような色にとどめ、無理に合わせようとしない。だからどんな照明下でも白いものを白く撮りたい人は自分でホワイトバランスをセットする必要がある。AFも9点測距AiAFなのだが、どこに測距したかを緑の枠で教えてくれるのでありがたい。

各種機能

     IXY DIGITALシリーズは伝統的にフルオート中心で、シーンモードも持たないシンプルな機能が特徴。ただしFUNCボタンを使えば、露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、色効果モードを切り替えることができる。十字キーにも測光モード、マクロ・遠景、連写・セルフタイマー、発光モードの4つの機能が割り当てられており、これらを組み合わせればかなり自分好みの撮影ができる。カスタムホワイトバランスも可能だ。動画機能は320×240ピクセルで最長3分。以前に比べれば長くなり、ほぼ実用レベルに達している。

機動力

     大きさの割にボディは重めで、撮影時重量は200gを超える。起動は3秒以下だが、安全のために電源スイッチをやや長押しする必要があり、数値以上に遅く感じるのはちょっとした欠点だ。AFやメニュー操作はそこそこ高速。再生時のコマ送りはそれほど速くなく、さらに縦位置で撮影した写真があるとややもたつくのは残念。全体に高速に動作するが、キビキビというほどではないという印象だ。

メンテナンス性

     バッテリは、従来のIXY DIGITAL互換のリチウムイオン充電池。バッテリを外して充電器にセットするタイプだ。充電器は小さくコンセントに直接差すタイプなので、旅行時の携帯には便利だ。

     ただ、毎日持ち歩くようなコンパクトカメラなら、本体充電タイプの方がバッテリの入れ忘れや毎日の出し入れが発生しない分向いている。しかしその反対に、本格的に撮りたい人は予備バッテリも持つだろうから、充電器が別のタイプの方がいい。微妙なところだ。

     パソコンとの接続はUSBで、プロトコルはPTPを採用。標準プロトコルではあるが、他社が採用しているマスストレージクラスではないので、OSによっては専用の接続ソフトが必要になる。付属ソフトを使えば問題はないが、マスストレージクラスのサポートもして欲しいところだ。

総合評価

 特に速いわけでもないし、小さく軽いわけでもない。安いわけでもないし、使い勝手がいいわけでもない。しかしどれも水準以上の合格点にまとまっている。それでも総合評価が高いのは、突出した個性はないが、全体がハイレベルにまとまっていて完成度が高いことと、このクラスでは最高クラスの画質を誇るためである。機動力重視で見るとあまり高い点数は与えられないが、画質を重視し、フルオートでも高画質なスナップ用コンパクトカメラが欲しいと思うのであれば、2003年春時点ではこれがトップだろう。ここでは長所と完成度を重視して評価点を高めにつけた。

ベンダー製品担当者からの一言

 1/1.8型4.0メガピクセルCCD、光学3倍ズームレンズを初代IXY DIGITALと同等のボディサイズに収め、表面処理に超薄膜コーティング「スーパーハード・セラブライト・フィニッシュ」を施すなど、同シリーズの最上位機種にふさわしい進化を実現しています。(キヤノン販売 広報部 徳重義弘)

主要スペック

有効画素数約400万画素
レンズ36〜108mm相当(35mm換算)、F2.8〜4.9
ズーム光学3倍ズーム
最大画像解像度2272×1704ピクセル
記録メディアコンパクトフラッシュType Iカード
バッテリ専用リチウムイオン充電池
サイズ(W×D×H)87.0×27.8×57.0ミリ(突起部を除く)
重量約185グラム(本体のみ)

[荻窪圭, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!