> レビュー 2003年9月19日 08:31 PM 更新

社運を賭けた最終兵器――オリンパス E-1(1/3)

少々オーバーな表現かもしれないが、オリンパスが企業の存続を賭して開発した1台、それがレンズ交換式の小型デジタル一眼レフカメラ「E-1」だ。

社運を賭けた大プロジェクト

 「オリンパスはどうかしているんじゃないか、と言われるほどにプロ向けにこだわり、OMシステム時をはるかに超える開発人員を投入した」(オリンパス光学工業 菊川剛社長)

 上記は、E-1発表会の席での社長挨拶の引用である。オリンパスの本気さを強く感じさせるのに十分な、インパクトのあるコメントだった。筆者が高校の写真部時代、憧れていた部長(1年上級の女子)が使用していた「OM-1」が甘酸っぱく思い出された。オリンパスはこのOMシステムの生産を終息させ、Eシステムの開発に注入していたのだ。多くの人が知るところだが、Eシステムはオリンパスが背水の陣を敷いて推し進めた開発プロジェクトである。OMシステムにいくばくかの思い入れのある写真ファンをはじめ、プロ&アマ写真家の期待は相当なものだろう。

 そもそもオリンパスは一貫して「小型の美学」に固執してきた会社である。E-10、E-20のラインを受け継いで登場したE-1は、4/3インチ(フォーサーズ)CCDを大きなセールスポイントにしたDSLR(Degital Single Lens Reflex:デジタル一眼レフ)で、ボディも小型一眼レフに分類される。


E-1の主要スペック

撮像素子4/3インチCCD
有効画素数500万画素
焦点調節オート/マニュアル
シャッタースピード1/4000〜60秒
露出補正あり
ISO感度AUTO/100/200/400/800(1600/3200も設定可能)
最大解像度2560×1920ピクセル
ファインダーアイレベル一眼レフ方式(視野率約100%)
液晶モニタ1.8インチTFT
画像ファイル形式JPEG、TIFF、RAW
レンズマウントフォーサーズマウント
記憶メディアコンパクトフラッシュ、マイクロドライブ
電源専用リチウムイオン充電池
インタフェースUSB 2.0、IEEE 1394
サイズ(W×D×H)141×81×104mm
重量約660g(本体のみ)

 E-10、E-20を「受け継いで」と書いたが、E-1が従来機と大きく異なるのはレンズ交換式となったこと。レンズ交換式のデジタル一眼レフは、同社初となる。E-1のベースとなっているフォーサーズシステム規格は、4/3インチCCDとデジタルカメラ専用に開発した交換レンズ群からなるDSLRのオープン新規格。フォーサーズシステムの特徴については後述するとして、まずはこれまでの懸案事項とされてきた書き込みのバッファ容量、速度の問題を見てみよう。

 E-20は4枚しか連写できず、そのあとのデータ転送に30秒以上を要したため、「かなりしびれるカメラ」と軽口を叩かれたものだった。しかしE-1では3コマ/秒、12枚連写を実現。これまでの悪評を払拭するものとなるだろう。

[島津篤志(電塾会友), ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!