> ニュース 2003年12月4日 03:08 PM 更新
IDG

Apple、KnowledgebaseでDHCPセキュリティ問題を解説

Appleは、Mac OS XのDHCPセキュリティ問題に対処するための方法を自社サイトで掲載している。(IDG)

 Mac OS Xは、悪意のあるDHCPサーバによりセキュリティ問題が起きる可能性があるとの指摘が最近になってなされていた。全体的にはMacユーザーのセキュリティ問題は非常に小さいものだが、Apple Computerは最近、潜在的な問題を回避するための方法について、オンラインのKnowledgebaseに詳細な解説を掲載した。

 Carrel.orgによるレポートによれば、Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) サーバからの悪意のある応答により、Mac OS Xのさまざまなバージョンで、ルートへのアクセスが許可されてしまう可能性があるという。DHCPはネットワーク内でTCP/IPアドレスを提供するための簡便な方法として一般的に使用されている。

 「多くの場合、悪意のあるDHCPサーバはあなたのローカルネットワーク(サブネット)内になければならないため、あなたのMacはこの種の『悪用』からは保護されています」とこの技術解説には書かれている。「あなたのコンピュータ以外のものがローカルネットワーク内になく、あなたがAirPort Base StationなどのNAT (Network Address Translation) 機器を経由してブロードバンド(DSLやケーブルサービス)接続している場合、この悪用は不可能です」と解説は続く。

 Carrel.orgの意見はこの解説とは異なる。「(特に無線ネットワークにおいては)悪意のあるデバイスが接続しないようにネットワークを保護していなければ、あなたは『悪用』の対象となる可能性がある。NATの下にあったとしても、攻撃はあなたのローカルサブネットのNATの背後から起こるからだ」とウィリアム・カレル氏は主張する。

 この問題は、パスワードが設定されてなかったりパスワードが解析されたりする無防備な無線ネットワークで、DHCPサーバをだれかがセットアップするかハックした場合に起こりうる。

 Appleはこの問題を憂慮しているユーザーのために、Macが悪用されないようにするための方法を解説している。LDAPベースのディレクトリサービスをオフにするか、ディレクトリサービスの検索パラメータを変更することなどが、対処方法だ。

[ IDG Japan ]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!