> ニュース 2003年12月11日 04:28 PM 更新

オリンパス、デジタルSLR専用広角ズームとフラッシュシステム


 オリンパスは12月11日、デジタル一眼レフカメラ専用の広角ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL 11−22ミリF2.8-3.5」と、フラッシュシステム2モデルを2月下旬に発売すると発表した。


 11-22ミリF2.8-3.5はフォーサーズシステムを採用したデジタル一眼レフカメラ「E-システム」に対応する。大口径非球面レンズと両面非球面レンズ含む10群12枚構成で、球面収差やコマ収差を低減したシャープな画像を撮影できるという。価格は10万6000円。

 焦点距離は11−22ミリ(35ミリカメラ換算で22−44ミリ相当)、画角は89−53度。新開発のフローティング機構により、最短撮影距離はズーム全域で28センチとした。

 サイズは直径75×全長92.5ミリで、重さは485グラム。外装にはシーリングを施して防滴性と防塵性を高めた。専用ケースやフードが付属する。


リングフラッシュRF-11(左)とツインフラッシュTF-22

 フラッシュシステム「ツインフラッシュTF-22」(5万6000円)と「リングフラッシュRF-11」(3万5000円)はE-システムに対応したマクロ撮影用。それぞれフルオート撮影に対応する。

 TF-22は、2つの発光部を切り替えて発光できるほか、2灯発光時には左右の光量比率を1/3段刻みで設定できる。1灯のサイズは73(幅)×50(高さ)×39(奥行き)ミリで、重さは105グラム。SR-1のサイズは146.5(幅)×100(高さ)×22.5(奥行き)ミリで、重さは95グラム。2灯の位置・角度を調節できるシューリング「SR-1」とディフューザーが付属する。

 RF-11のサイズは120(幅)×135(高さ)×24(奥行き)ミリで、重さは145グラム。

 また、TF-22とマクロフラッシュコントローラー「FC-1」のセットは9万5000円で、RF-11とFC-1のセットは7万4000円で、フラッシュアダプタリング「FR-1」は1万2500円でそれぞれ同時期に発売する。

関連記事
▼ オリンパス、DSLR用交換レンズを来年5本発売

関連リンク
▼ レンズのニュースリリース
▼ フラッシュシステムのニュースリリース
▼ オリンパス

[ ITmedia ]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!