PUPdate流 HDD大研究

よりコンパクトに、より使いやすく――Maxtorの外付けHDD「OneTouch」(1/3)

ボタン一押しでデータをバックアップできるOneTouch機能搭載の外付けHDD。ケース素材のアルミ化により、従来モデルよりもさらにコンパクトになった。USB 2.0とIEEE 1394に対応する。実売価格も同等のベアドライブ価格+1万円とお買い得だ。

 日本マックストアの外付けHDD「OneTouch」は、外付けHDDとして定評があった「Personal Strage」シリーズの後継となる製品だ。


日本マックストアの新しい外付けHDD「OneTouch」シリーズ

 新製品では「OneTouch」という名称を前面に打ち出したことからも分かるように、“ボタン一押し”のバックアップ機能はさらに使いやすくなっている。この点では、特に設定ツールがより洗練されていることが目立つ。また、ケースのアルミ化など、デザイン面での変更も少なくない。

 それではOneTouchをデザイン、パフォーマンス、使いやすさの3点からレビューしていこう。

熱伝導率の高いアルミケースを採用

 OneTouchはケースが小さいにもかかわらず、アルミ素材の採用によって内部の熱を効率よく放熱できるためか、触ればほんのり暖かさが伝わってくる程度であり、全く気になるようなレベルではない。

 前面は非常にシンプルなデザインになっているが、このOneTouchボタンには2個の青色LEDが仕込まれており、アクセス中は交互に点滅する。このため、遠くからでも状態の判断が容易など、視認性も向上している。

 内部のスペックについては、ケースがシールで封印されているため、カタログスペック以上のことは正確には分からない。

 ただ、OneTouchはUSB 2.0とIEEE 1394の2種類のインタフェースを備えているが、このうち内蔵ドライブのATAとのATA-IEEE 1394ブリッジチップに関しては、Oxford Semiconductor社の「OXFW911」を使用しているようだ(同社サイトの仕様情報)。このOXFW911はスピードの点で定評があるブリッジチップなので、パフォーマンスには十分期待が持てる。

 中身のドライブは、テストした200Gバイトモデルの場合、回転速度:7200rpm、キャッシュ容量:8Mバイトというスペックからして、同社の「DiamondMax Plus 9」だろう。プラッタあたり80Gバイトと、現在のところトップクラスの容量を誇るドライブであり、8Mバイトのキャッシュと相まって、普及タイプとしてはスペック的にも高性能を期待できるドライブの一つだ。なお、使用ドライブ自体は、Personal Storage 5000DVと同じものを使っていると思われる。

 では、次はベンチマークを行ってそのパフォーマンスを見てみよう。ベンチマークはUSB 2.0とIEEE 1394で測定した。

外付けHDDとして優れたパフォーマンス

 まずは「WinBench99 Ver.2.0」によるハードディスク関連ベンチマークの値を見てみよう。

パーツメーカー製品備考
CPUIntelPentium 4 2.40C GHzHyper-Theradingは有効に設定
マザーボードASUSP4P800 DeluxeチップセットはIntel 865PE
メモリA-data256MB PC3200 DDR DIMM×2枚、計512MBデュアルチャンネルモード有効、アクセスタイミングはSPD設定
ビデオカードCreative Technology3D Blaster 4 RX7500 
内蔵HDD富士通MPG3049AT5400rpm、キャッシュ2MB、Ultra ATA/100接続
IEEE 1394カード玄人指向IEEE1394B2-PCI64TIチップ搭載1394bカード、32ビットPCIで接続
OSMicrosoftWindows XP Professional+SP1a 

表1 測定に使用した機器と測定条件

 ちなみに、評価に使った機材は以上のようなものだ。現時点ではごく平均的なシステム構成と言えるだろう。

[橋本新義(オンサイト), ITmedia ]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PUPdate流 HDD大研究

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。