PUPdate流 HDD大研究

よりコンパクトに、より使いやすく――Maxtorの外付けHDD「OneTouch」(1/3)

ボタン一押しでデータをバックアップできるOneTouch機能搭載の外付けHDD。ケース素材のアルミ化により、従来モデルよりもさらにコンパクトになった。USB 2.0とIEEE 1394に対応する。実売価格も同等のベアドライブ価格+1万円とお買い得だ。

 日本マックストアの外付けHDD「OneTouch」は、外付けHDDとして定評があった「Personal Strage」シリーズの後継となる製品だ。


日本マックストアの新しい外付けHDD「OneTouch」シリーズ

 新製品では「OneTouch」という名称を前面に打ち出したことからも分かるように、“ボタン一押し”のバックアップ機能はさらに使いやすくなっている。この点では、特に設定ツールがより洗練されていることが目立つ。また、ケースのアルミ化など、デザイン面での変更も少なくない。

 それではOneTouchをデザイン、パフォーマンス、使いやすさの3点からレビューしていこう。

熱伝導率の高いアルミケースを採用

 OneTouchはケースが小さいにもかかわらず、アルミ素材の採用によって内部の熱を効率よく放熱できるためか、触ればほんのり暖かさが伝わってくる程度であり、全く気になるようなレベルではない。

 前面は非常にシンプルなデザインになっているが、このOneTouchボタンには2個の青色LEDが仕込まれており、アクセス中は交互に点滅する。このため、遠くからでも状態の判断が容易など、視認性も向上している。

 内部のスペックについては、ケースがシールで封印されているため、カタログスペック以上のことは正確には分からない。

 ただ、OneTouchはUSB 2.0とIEEE 1394の2種類のインタフェースを備えているが、このうち内蔵ドライブのATAとのATA-IEEE 1394ブリッジチップに関しては、Oxford Semiconductor社の「OXFW911」を使用しているようだ(同社サイトの仕様情報)。このOXFW911はスピードの点で定評があるブリッジチップなので、パフォーマンスには十分期待が持てる。

 中身のドライブは、テストした200Gバイトモデルの場合、回転速度:7200rpm、キャッシュ容量:8Mバイトというスペックからして、同社の「DiamondMax Plus 9」だろう。プラッタあたり80Gバイトと、現在のところトップクラスの容量を誇るドライブであり、8Mバイトのキャッシュと相まって、普及タイプとしてはスペック的にも高性能を期待できるドライブの一つだ。なお、使用ドライブ自体は、Personal Storage 5000DVと同じものを使っていると思われる。

 では、次はベンチマークを行ってそのパフォーマンスを見てみよう。ベンチマークはUSB 2.0とIEEE 1394で測定した。

外付けHDDとして優れたパフォーマンス

 まずは「WinBench99 Ver.2.0」によるハードディスク関連ベンチマークの値を見てみよう。

パーツメーカー製品備考
CPUIntelPentium 4 2.40C GHzHyper-Theradingは有効に設定
マザーボードASUSP4P800 DeluxeチップセットはIntel 865PE
メモリA-data256MB PC3200 DDR DIMM×2枚、計512MBデュアルチャンネルモード有効、アクセスタイミングはSPD設定
ビデオカードCreative Technology3D Blaster 4 RX7500 
内蔵HDD富士通MPG3049AT5400rpm、キャッシュ2MB、Ultra ATA/100接続
IEEE 1394カード玄人指向IEEE1394B2-PCI64TIチップ搭載1394bカード、32ビットPCIで接続
OSMicrosoftWindows XP Professional+SP1a 

表1 測定に使用した機器と測定条件

 ちなみに、評価に使った機材は以上のようなものだ。現時点ではごく平均的なシステム構成と言えるだろう。

[橋本新義(オンサイト), ITmedia ]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PUPdate流 HDD大研究

ピックアップ

news135.jpg 外付けディスプレイもRetina化へ:「UP2414Q」――画質も価格も衝撃的な23.8型“4K”ディスプレイは買いか?
ここ数年でスマホやタブレット、ノートPCの高画素密度化は一気に進んだが、外付けの単体ディスプレイは画面サイズの大きさから対応が遅れてきた。しかし、デルが投入した「UP2414Q」ならば、約24型で4K対応の高精細表示を(しかもお手ごろ価格で)手に入れられる。

news170.jpg 最高性能APUを更新:“Kaveri”の実力は? 「A10-7850K」を速攻でチェック!!
AMDがAPUで目指すCPUとGPUの融合、その1つのゴールとも言える「Kaveri」が登場した。HSAやMantleはまだ試せないが、ひと足先に現状で試せる基本性能をチェックしておこう。

news014.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第3回 会社PCにThinkPadが選ばれる理由──業務ストップを最低限に抑える「System Update」
万一時のトラブルでPCをリカバリーすると、ドライバやユーティリティツールも初期状態に戻る。元の作業環境に戻すのは結構な手間だが、業務の納期は待ってくれない。これに対応するビジネス層に支持される機能がThinkPadシリーズには存在する。

news083.jpg 4K REGZA譲りの高画質化技術も:ついに出た“4K”ノートPC――「dynabook T954」の世界初ディスプレイを検証する
いち早く4Kディスプレイを搭載した東芝の「dynabook T954/89L」。気になる超高精細ディスプレイの表示品質を測色器と目視でじっくりチェックした。

news118.jpg 改めておさらい「WiMAX 2+」:「HWD14」で現在のWiMAX 2+の挙動を知る──旧WiMAXルータと比べた実通信速度の違いを検証
前回はWiMAX 2+の挙動について細かいチェックを行ったが、後編では旧WiMAXルータと比べた実通信速度の違いを検証しよう。

news034.jpg SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第2回):NASの法人モデルは家庭用と何が違うのか?
メーカー各社のNAS製品には、家庭向けと法人向け、それぞれ別のラインアップが存在している。これらは何が違うのか? 昨今の法人向けNASが搭載するユニークな機能の数々とともに見ていこう。

news119.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(4):“脱・Windows XP”のPCを選んでみる――XPサポート終了まで3カ月
Windows XPのサポート終了まで3カ月を切った。前回までは移行すべきPC環境のポイントをまとめてきたが、今回は仕事で使うPCをパーツ単位でチェックしつつ、主要メーカーのラインアップから具体的な製品をピックアップしよう。

news027.jpg 鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:知っているとちょっとだけ便利、Windows 8.1 使いこなしTips──「ストアアプリから外部ストレージを参照する方法」編
知らなくても使えるが、知っているとちょっとだけ便利。Windows 8.1が発売されて以降、これまで連載の中で紹介し損なっていたTipsをいくつかまとめて紹介する。今回は「Modern UIアプリから外部ストレージを参照する方法」を。

news132.jpg ブルーライトもチラツキも抑制:疲れ目対策と節電こだわった液晶ディスプレイ――「FlexScan EV2436W-Z」を試す
EIZOの24.1型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2436W-Z」は、ブルーライトやチラツキの抑制といった疲れ目対策と、消費電力を低減する機能が満載だ。

news124.jpg SOHO/中小企業に効く「タブレット」の選び方(第2回):iOS、Android、Windows──それぞれのタブレットを知って正しく選ぶ
タブレットの導入を考えた場合、iOS、Android、Windowsの中からどのOSを選ぶかが重要になる。これらの特徴について、利用者および管理者の視点から紹介しよう。