> ニュース 2003年12月19日 02:59 PM 更新
IDG

iTunesがバージョンアップし4.2に、AOLユーザーに対応

iTunesがバージョン4.2になった。AOLユーザーへの対応がメインだが、Music Store画面を別ウインドウで見ることができるようになった。日本のWindows版ユーザーはもう少し待つ必要がある。(IDG)

 America OnlineユーザーがAOLを通してiTunes Music Storeの楽曲を購入できるという発表に合わせ、AppleはiTunesソフトウェアのバージョンを0.1引き上げた。iTunes 4.2はMac版、Windows版のいずれもApple Computerのウェブサイトからダウンロードできる(日本語版iTunes for Mac OS Xは4.2、Windows対応の日本語版は4.1.1のまま)。

 iTunesはCDからMP3またはAACフォーマットに変換し、音楽のプレイリストを作り、CDに焼くことができる無料のソフトウェア。Mac、PC、iPodデジタルミュージックプレイヤーをつなげ、AppleのiTunes Music Storeでは40万曲以上の大手音楽会社、インディーズの楽曲を購入することができる。

 iTunes 4.2の改善点に関するAppleによる説明はあっさりしたものだが、ダウンロードに含まれるドキュメンテーションによれば、新バージョンのiTunesではApple、AOLの両アカウントでサインインし、音楽を購入することができ、iTunes Music Storeを別ウインドウで見ることができる。また、パフォーマンスの改善も多数施されているという。

[ IDG Japan ]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!