> ニュース 2003年12月25日 07:29 PM 更新
IDG

ウェブエディタのFreewayがFileMaker ProのCDML編集に対応

ウェブ編集ソフトのFreewayとFileMaker Proを接続するアドオンが登場した。これにより、CDMLを使ったウェブデザインが簡単になる。(IDG)

 Softpress Systemsは12月24日、DataDesignerをリリースした。このソフトはSoftpressのウェブページデザイン用ソフトウェアであるFreeway ProとFileMaker Proを緊密に結合するものだ。

 Softpressの常務取締役であるリチャード・ローガン氏は、これまでは、FileMaker Proに依存しているウェブデザイナーは、FileMakerに搭載されているインスタントWebのパブリッシング機能を使うか、複雑なCDMLタグをウェブページのコードに加える必要があった。

 「これからは、DataDesignerと直感的なMacのインタフェースを使って、必要なCDMLコードを生成・導入し、美しくデザインされたFileMakerベースのウェブサイトを動かすことができる」とローガン氏。

 DataDesignerを利用すると、Freeway Proユーザーはソフトウェアに内蔵されたActionsパレットを活用し、ウェブページデザインに、FileMaker Proベースのデータベースのコンテンツと連動するダイナミックなフィールドを設けることが可能になる。DataDesignerはこれらのデータベース接続を保持する。

 DataDesignerの価格は99ドルで、Freeway Proのアドオンとして機能する。この価格は1月末まで適用される。Softpressのみで購入可能。Freeway Proの価格は249ドル。FileMaker Proの詳細については、FileMakerのサイトで。

[ IDG Japan ]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!